10章 願いのタネ

メデューサの復活は冥府界の死を司る神・ハデスの計画の一端に過ぎなかった。
ハデスは地上に欲望と混乱をもたらす為に、何でも願いが叶うという「願いのタネ」の情報を流そうとする。
混乱を避ける為にピットもまた願いのタネを探すが、タネは不死鳥・フェニックスによって守られていた。

空中

道中で吹き出すマグマは視界や行動範囲が遮られ、当たるとダメージ+炎上属性の痛手をくらうので非常に鬱々しい。
マグマが噴き出している地点では回避に専念した方が良いだろう。
途中の洞窟内ではラジポンの群れが出現するのでさっさとリーダーを倒すか無視していくといい。また、ラジポンの群れを全滅させるとケークが現れるので、忘れずに倒そう。
しばらく進むと洞窟と屋外の分岐の選択を迫られる。
洞窟の方が多少長くなるが敵が少なく安全に進めるのでこちらを通った方が楽。また撃破数を稼ぎたいときも敵の倒しやすいこちらの方がいい。

地上

マグマ地帯では足場が狭く敵の攻撃の回避が難しい。
むやみに回避するとマグマに触れてしまい余計にダメージを受けてしまうこともあり得る。
無敵系の奇跡を多めに持って行き、回避が厳しいと思ったら奇跡を使って攻撃を凌いでいこう。
無視出来るケースがわりと多いので、無理に交戦せずスルーしてしまうのもひとつの手。

 地上戦が開始すると早速マグロック&マグーが登場。岩やら火炎弾やらいろいろ投げてくるのでマグマに落ちないようにしつつ処理していこう。この先この2体は何度も登場するが、他の敵の後ろからちょっかいを出してきたり溶岩の色と重なったりでそこそこ厄介。この2体の出現位置はあらかじめ頭に入れておこう。不意打ちを食らう回数が減り、この章の攻略がグッとラクになる。

 最初のエリアを抜けると強制戦闘エリアに入る。出現する敵はウェーブアングラー&ダ・イー、これらを殲滅するとトータラス&マグロックが出現。前者の方は、まずウェーブアングラーを即刻処理した後、ダ・イーを各個撃破すればいい。後者の方はトータラスの体当りにマグロックの岩投げという嫌らしい組み合わせ。周囲にある岩に攻撃を加えると爆発してダメージを与えられるので、それで素早くマグロックを処理した後、トータラスとの1対1の状況に持ち込みたい。奇跡を持っていれば即浄化づけを使うのも手。

 次のエリアに入ろうとすると右前方からいきなりツボックが吸い込んでくるので心の準備をしておこう。このエリアにはビートルが設置されている。ビートルに乗り、ブーストを上手く使って高い足場を渡っていくとその先に宝箱があるので出来ればとっておこう。ビートルは溶岩の上でもダメージを受けずに進めるので、スピードクリアを目指したいという人は敵を無視してとっとと先へ進んでしまおう。逆に浄化数及びハートを稼ぎたいという人はこのエリアに大量に出現する敵を片っ端から倒していくとよい。ビートルでは倒しにくいという人はいったんビートルから降りるというのも一つの手。なお、このエリアに登場するデススカルは倒すと神器(奇跡の場合もあり?)を落とすので余力があれば倒しておこう。とても強い点と溶岩を平気で渡ってくる点には注意。

 先へ進むとラジポン&ラジポンリーダーが出現。リーダーを倒すと他のラジポンを一掃できるが、リーダーは奥の方にいるのでやや狙いにくい。手前のラジポンから処理していくのもあり。ジャンプ台で登った先にも登場する。敵を処理したら階段の上にある長方形の物体を打撃で叩こう。先へ進めるようになる。ちなみに降りた先の進行方向とは逆に進むと宝箱があるがこれはミミッコ。倒してもほぼキラーアイしか落とさない。このアイテムは次のエリアの戦闘では頭数を減らすのに役立つので取っておいてもよいが、ミミッコにボコボコにされないようにしておこう。

 先へすすむとシュルム、マグロック、パクンチが出現するが、このうち最も注意すべきなのはパクンチ。周囲の冥府軍を食べてパワーアップするので、周囲の敵かパクンチのどちらかを素早く倒してしまおう。順路とは違う扉に進むと温泉があるので、ダメージを回復させておこう。温泉上がりに無敵の力も手に入るので一石二鳥である。

 順路を進み、ツボックを倒した後にブルームが右手に、マグーが左手に出現。ブルームの方にある宝箱には爆弾が入っている。

 マグーがいた方へ進むと床が上昇、と同時に付近にボワン、ミック、マグロックが出現。ボワンの動きに注意しつつ、他の2体から倒していきたい。これらの敵を全滅させると今度はトータラスとマグーが登場。堅いトータラスは後回しにして、まずマグーから片付けよう。また、トータラスは溶岩を越えてピットに体当りしてくる点も頭にいれておこう。

 更に進むと床が上昇した直後、すぐそばにシュルムが出現する。びっくりするだろうが落ち着いて打撃で処理しよう。続いて通路の先からライアスが登場、一回こちらに衝撃波を飛ばしてきた後、勢い余って崖下へ転落していく。間抜けな光景だがこの場合ハートは手に入らないので少しでも稼ぎたい場合は落ちる前に倒しておこう。その後、マグロック、ウェーブアングラー、宝箱の方へ進むとその先の道にツボック&ギリンが出現する。ツボック吸い込み中にギリンの攻撃を浴びないように注意しよう。進んだ先では神器や奇跡、無敵の力などが手に入る。なお、宝がいらないという人はジャンプ台に乗って先へ進むのも可。

 次は枝分かれしている高い崖の上に出る、但しこの崖は落ちない。左へ進むと食べ物が手に入るが、ボックンズムが通せんぼしている。回り込むにはやや道が狭い。が、ボックンズムは密着すると回転攻撃をしてくる。この際、時々回転直後にこちらに背を一瞬向けるときがあるので 密着→すぐ離れる→背をこちらに向けることを見越して攻撃する の繰り返しで倒すことができる、ただ結構時間はかかる。
このエリアの宝箱は中身を取ろうと崖を飛び越えると背後にミック、ブルーム、マグロックが湧くので順路側にカメラを向けた状態で宝箱へ近づくこと。

 先の飛び石エリアでは飛び石の途中に出現するセイレンとダ・イーだけには注意。特にダ・イーは食べ物が置いてある次の飛び石に乗った瞬間目の前の飛び石に突然出現するのだが倒さずにダ・イーの足場に乗ってしまうと、スライドパッドを弾いても回避が暴発して次の足場へ渡ることができず無駄にダメージを負うことになるので注意。距離は近いが、落ち着いて 攻撃→回避 を繰り返し、倒してから渡るようにしたい。

 飛び石エリアを乗り越えると強制戦闘エリアに入る、面子はボックンメイジ、ボックン、シュルムという構成。かわしにくい弱体攻撃をしかけてくるボックンメイジを素早く処理してしまいたい。次の部屋にはボックンズムとテンプラ使い出現、ボックンズムは画面内に捉えていないと跳ねながら近づいてくるので、できればてんぷら使いとボックンズム双方を画面に収めた状態で戦闘したい。難しければできるだけボックンズムから離れた状態でてんぷら使いを優先して浄化しよう。万が一に備え状態回復の奇跡を持っていきたいところ。

 ホンキ度4以上の場合、ホンキ度扉を通ることができる。先には温泉、ケークがいるので是非寄って行こう。このエリアの宝箱はミミッ子だが、倒すと高確率で神器を落とすので出来れば倒しておきたい。

 順路を進めば後は一本道。ダ・イーが近寄ってくる前にウェーブアングラーを処理してしまいたい。また全滅させるとボックン、マグロックが湧くので撃破数を稼ぎたいときで無ければダ・イーは無視してしまうといい。

ホンキ度部屋


宝箱・キャリオ一覧


ボス

フェニックス

射程が短い神器だといろいろと苦労するボス。
中央にジャンプ台が設置されてある。空中にいるだけで避けれる攻撃が多いのでうまく使っていきたい。
パルテナ様の助言通り「偏差射撃」もうまく使いたいところ。
ちなみに弱点はくちばし。
くちばしを執拗に狙うと、落下し、打撃のチャンス。一気にねじ伏せよう。

火炎弾
三発の火炎弾を射出する。ひきつけて避けよう。
なお、この攻撃の後はたて続けに「火炎爆弾」をばらまいてくるので回避の準備しておこう。

火炎爆弾
着弾すると爆発する炎の塊のようなものをばら撒いてくる。
火炎弾のあとは高確率で使用してくる。
着弾と同時に回避するか、横に走っていれば当たることはないが、バテに注意。
ジャンプ台で空中にいれば安全。

羽飛ばし
短い溜め動作のあと、巨大な3本の羽がピットを狙ってくる。
ひきつけて回避すれば難なく避けられるが、発生が速いため注意しよう。

衝撃波
地に降り長い溜め動作の後、刃のような衝撃波3つを扇状に飛ばしてくる。
距離をとっていれば回避はたやすい。

竜巻
大きなな翼で羽ばたき、巨大な竜巻を複数発生させる。
当たるとセイレンの弾のように大きく上方に打ち上げられる。
ゆっくりと動くため回避は簡単だが、画面に長く残り視界を奪われる。後続の攻撃に注意したい。

体当たり
咆哮をあげながら、炎を纏い、ピットめがけて体当たりしてくる。さながらゴッドバード。
中央のジャンプ台を使ってもいいが、前ダッシュで回避したほうが安定する。
見た目に反してダメージは軽い。

火炎放射
もっとも注意したい攻撃。
空を飛びながらピットに接近し、溜めを開始。
溜めが完了すると、口から火炎を放射する。
連続ヒットするため、とんでもないダメージを受けることになる。
バタバタと羽ばたきながら鳴き声を上げるのが合図。
合図を見たら全力で距離をとりろう。

高ホンキ度推奨・非推奨神器


推奨

  • 誘導性の高い神器
滑空中のフェニックスにも楽に攻撃を当てられる。
くちばしを正確に狙うのは難しいものの、外すよりははるかに良い。

  • 長射程の神器
このステージは一部屋が広く敵との距離が取りやすい。
一部の部屋では敵の射程外から攻撃することができる。またボス戦も戦いやすくなる。

非推奨

  • 打撃特化の神器
道中もボスも辛い。マグマ地帯はあまり走り回っていると事故を起こす上に
フェニックス戦では打撃を与えるチャンスが極めて少ない。

  • 低弾速の神器
フェニックス戦の偏差射撃で苦労することになる。
誘導性があればまだなんとかなるが、遅くて誘導しない弾だとどうにもならない。

関連宝物庫


小ネタ

・ボス戦で宙に浮いている願いのタネは攻撃を加えると爆発して壊れる。ボス戦終了時にタネが残っているかいないかで10章のその後の会話が変化する。

  • 最終更新:2012-06-27 21:52:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード