豪腕コンパクト


おドール解説文

小さく、軽量であることを目指した豪腕。
結果として、豪腕の中ではもっとも高速で
走れるようになり、弾の飛距離ももっとも
長い。使いこなしとしては他の神器に近く
なり、中距離でも十分戦える。その分
打撃力や相殺力などが犠牲になっている。

入手方法

《入手しやすい章》:17章

融合レシピ


神器性能

長所と短所

長所
  • 豪腕の中でもっとも移動が速い
  • 弾の飛距離が長い
  • 立ち連射の性能が高い
短所
  • 打撃力が低く、接近戦が苦手
  • 相殺力が低い

特徴

軽量で最も速く動ける豪腕。射撃の性能も素直で扱いやすい。
その分、打撃の威力が低く、その軽さで打撃が相殺されたとき後ずさりしやすい。
なるべく打撃で戦わず、ある程度離れて戦いたい。

連射

連射

☆威力2.4~3.0 ★射程31.5m
丸っこい弾を連射。速度は速く弾切れしにくい。
まっすぐ進む素直な弾、誘導性もある。

前ダッシュ連射

☆威力6.5~8.1 ★射程38.5m
前方に3連射、速度は立ち連射より遅くなる。
豪腕特有の高いスタミナにより連発しやすいので、
数撃ちゃ当たるで連発するのもありかも。

横ダッシュ連射

☆威力6.5~8.1 ★射程35.0m
基本は前ダッシュと同じ。
誘導性が強い弾を複数撃つので射程距離の相手に
ふらふら動きながら撃ってもそれなりにプレッシャーになる。

後ろダッシュ連射

☆威力5.5~6.9 ★射程38.5m
後方に下がりながら前方に3連射。
威力が他に比べて低いうえ軌道上横回避に弱いので
逃げには若干信頼が置けないか。

ため射撃

ため射撃

☆威力14.7~18.2 ★射程28.4m
神器と同系の弾を発射。速度はかなりのもの。
だが飛距離が立ち連射に劣る。遠くから狙い撃ちする用途には適さない。

前ダッシュため射撃

☆威力25.3~30.8 ★射程39.7m
リーチは大きく伸び火力も高い。
持ち味の脚の速さを活かしたいところ。

横ダッシュため射撃

☆威力22.0~26.6 ★射程33.8m
ちょっと中途半端。
遠くから撃つなら連射のほうが割が合う。

後ろダッシュため射撃

☆威力22.9~30.8 ★射程28.4m
基本は前ダッシュと同様。
速度は速いため反応されずらいが、ステップを入れ込まれているといとも簡単に避けられる。
逃げには斜め横ダッシュ連射が良いかもしれない。

打撃

打撃コンボ

☆威力20.3、9.8、16.5 合計値46.6
豪腕の中ではあまり高くはない威力。
使えないほど低くはないので相手に寄られたら殴っても良いが、カチ合うとかなり不利なので
相殺されたらさっさと回避推奨。連打するとまず打ち負ける。

ダッシュ打撃

☆威力48.0
やはり豪腕では見劣りする。
しかしダッシュが早いので狙うことは容易。流石に射撃単発よりは高いので
射撃を避けてくるようなら懐に入ってぶん殴ってやろう。

空中

連射

☆威力14.7 ★射程126.0m
ものすごく速くてよく追尾する遠くまで届く弾を連射する
と言えば、どれだけ強力かは分かってもらえるだろう。
1発1発は低いがそれらがすべて当たってくれるので気にすることは無い。

ため射撃

☆威力57.2 ★射程97.3m
連射の陰に隠れるがなかなかに使える。
敵がいない間はしっかり待ってチャージしておこう。

打撃コンボ

☆威力113.4、54.6、92.4 合計値260.4
腐っても豪腕といわんばかりの高火力。
1段目のみを出し続ければさらに火力は増大する。

シングル攻略

空中戦はかなり難易度が低くなる。
連射も射撃も打撃もすべてが使いやすく火力が高い。
反面地上戦はため射撃があまり性能が良くないため苦しい戦いを強いられる。
動きやすく連射の性能が良いため、敵から離れて避ける戦いを心得るべし。

戦術

全体的に威力は低いが、軽快かつ扱いやすい技を数多く持つ。
相殺力が低いとおドール解説文に乗っているが、実際に相殺力が低いのはダッシュ連射と立ち溜め射撃のみ。
立ち連射、ダッシュ射撃は豪腕の平均的な相殺力を持つ。特にダッシュ射撃は相殺5と扱いやすい。
ちょっとした隙に当てやすい立ち連射を当てつつ、相手の射撃をダッシュ射撃で相殺するなどして戦おう。
なお、前ダッシュ射撃は当たると奥に、後ろダッシュ射撃は当たると手前に吹っ飛ぶので穴に落とせるステージでは積極的に狙うのもあり。

立ち連射特化型

コンパクトの立ち連射は連射スピードが速く、弾速が速く、誘導性が高く、弾が大きいため非常に当てやすい。
弱点の射程の短さを「射程+」で補い、少な目な攻撃力を「立ち連射+」や「気合いため」で補えば、
近距離~中距離に居る相手の耐久力をガリガリと大きく削れるようになる。
相手の反撃も相殺力の弱い弾なら弾幕で相殺でき、相殺しきれない弾でも「空蝉」を使っておけば回避可能。
「死んだふり」と「カベすり抜け弾」を同時に使用して、ステージの中央から無敵のまま射撃し続ける戦法もある。
誘導性をさらに強化すれば相手が回避しても回避後の隙に当たるようになるほど、命中精度が上がる。

対策

死んだふりコンパクトの立ち連射は回避で全弾回避し続けるのは難しい。
しかし、死んだふりをした以上、コンパクトはその場から動く事はできず、射程も豪腕なのでそれほど長くはない。
「反射板」などを使用して防壁を作ってから相手の射程外まで逃げてしまおう。

  • 最終更新:2014-07-16 22:47:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード