豪腕アイアンボマー


おドール解説文

熱を帯びた鉄拳を連射する神器。小さな腕のパーツは豪腕にしては小さい。
チャージ時間は豪腕の中でもっとも短く、弾の速度も速い。
高速の鉄拳がフックして飛ぶので特定間合いの下では相当強いが、飛距離は神器の中でも
ワーストクラス。接近戦専用。

入手方法

《入手しやすい章》:5章

融合レシピ


神器性能

長所と短所

長所
  • 全ての射撃が誘導性と弾速に優れており、当てやすい。
  • 立ち連射の連射間隔が短い。
  • チャージが早い。
  • 後ろ溜め射撃で相手を大きく引き寄せることができる。
  • 走行速度が速い。

短所
  • 射撃の威力が低い
  • 全ての射撃の射程が非常に短い。
  • 射撃と打撃の範囲が近いため、打撃が暴発しやすい。
  • 連射中歩行速度が非常に遅い。

特徴

燃える拳の神器。
弾速・誘導性にとても優れており、射程内ならば撃っておけばほぼ当たってくれる。
更に連射は間隔が短く、溜め射撃はすぐ溜まるため、手数が非常に多い。
そのため、弾の威力は低くてもダメージ蓄積力は高い。
その爆発力はまさにボマーである。
相手が逃げようとしても、足が速いので楽々追いつくうえに、後ろ射撃は相手を大きく引き寄せる。
豪腕のコンセプト『狙った獲物は逃がさない』の究極系であろう。

しかし射程は全神器の中でも最低レベルで、安全圏からの射撃、なんてものとは無縁の神器。
そのため、相手に撃破されることが多いが、それ以上に撃破していきたい。

なお、アイアンボマーの攻撃を受けた相手は燃えるが、それはただのエフェクトで、アイアンボマーに炎上の発動属性は無い。

☆威力:神器の攻撃力をスキルなどで変化させていない状態で与えられるダメージの最少と最大。
★射程:神器の射程をスキルなどで変化させていない状態で出せる最大の飛距離。

連射

連射

☆威力2.9 ★射程14.0m

連射らしからぬ誘導性を持つ。
弾速・連射間隔も優秀で、非常に当てやすい。
連射を強化していないなら手軽に刺せるトドメの手段として、強化しているのならダメージソースとして活用できる。

連射中歩行速度が非常に遅いため、歩行速度があまり減少しないボタン連打での連射をしたいところだが、
射程と打撃の範囲が近いため、打撃が暴発しやすい。

前ダッシュ連射

☆威力7.9 ★射程20.0m

連射弾と同じ見た目の弾を2発発射する。性能も似ているが射程と威力はこちらの方が優秀。

横ダッシュ連射

☆威力7.9 ★射程19.0m

威力と射程以外は前ダッシュ射撃と同じ。

後ろダッシュ連射

☆威力6.7 ★射程18.0m

威力と射程以外は前ダッシュ射撃と同じ。

ため射撃

立ち射撃

☆威力16.7 ★射程14.0m

燃える拳を発射する。
性能は連射弾の威力を上げただけのような感じ。
当たった相手は上にふっ飛ぶ。

対象が打撃範囲内にいるときは、相手に対して正面以外の方向を向いてから射撃ボタンを押せば、打撃が発動せずに済む。

前ダッシュ射撃

☆威力28.8 ★射程20.0m

立ち溜め射撃と同じ見た目の弾を発射する。性能も似ているが射程と威力はこちらの方が優秀。
相手を大きく後ろに吹っ飛ばすため、リングアウトを狙いやすい。

横ダッシュ射撃

☆威力25.0 ★射程19.0m


後ろダッシュ射撃

☆威力26.2 ★射程18.0m

当たった相手を大きく手前に引き寄せる。


打撃

打撃コンボ

☆威力
1段目:27.5 2段目13.3 3段目22.4 合計値63.2

燃える拳で打撃。
豪腕らしく高い威力。

ダッシュ打撃

☆威力28.4~65.3

当てた直後にふっ飛んだ相手の方向に何か撃っとけばコンボになる。

空中

解説
射程内に接近せずに画面外へ行ってしまう敵もちらほら。
空中では機動力が高くないのもあって、全体的に厳しいものとなる。

シングル

非常に短い射程が気になる。
走行速度は速いので、素早く近づいて行きたいところ。
射撃の射程の短さを補うため、流星や波動ビームなどの攻撃系奇跡を携行するのも手。

「豪腕アイアンボマーで再生ヒュードラーを浄化する」というのが開放条件の宝物庫について。
この神器、くどいようだが射程が非常に短いため、水辺を浮遊している爆裂虫を撃ち落とすためには岸辺ギリギリまで近づく必要がある。
そうなるとヒュードラーの放ってくる鱗弾をかわしにくくなったり、尻尾の薙ぎ払い攻撃を喰らいやすくなったりとダメージを受けやすくなる。
神器に防御系スキルをつけたり、スーパーアーマー等の奇跡を携行したりして被ダメージを抑えることに努めよう。
うまく岸にうちあげることができたら、威力高めの打撃で頭部を殴りまくって早めにけりをつけたい。


戦術

状態異常

攻撃を当てやすいため、状態異常付加と相性が良い。
連射はイマイチ付加させにくいが、打撃と溜め射撃は付加させやすい。
蓄積発動型の状態異常なら、後ろダッシュ射撃→追い打ちダッシュ打撃→起き上がりに連射 で確実に付加可能。
高価値が相手を確実に仕留めるためや、低価値が味方のサポートをするため等に。

高火力型

アイアンボマー自身の攻撃力は低めなものの手数が多く、当てやすいため、対戦における火力はかなり高い。
そのため、スキルで攻撃力を上げれば、短い時間で相手を仕留めることも可能。

しかし、豪腕タラウスやマグナの巨塔などと違い透明などでコッソリ近づいて一撃必殺、というのは狙えないため、
奇跡で逃げられてしまうこともしばしば。
行動を制限する状態異常をかけたり、相手の接近戦拒否奇跡の使用を防ぐためにジャミングを使用するなど工夫したい。
また、自身の撃墜されやすさをカバーするためにも、味方とともに行動したり、金鎧エアリーズなどの防御系奇跡の力を頼るといったこともしておきたい。

いやがらせ型

どうせ撃墜されやすいのなら、いっそのことたくさん撃墜されることを前提で動いてしまおうという戦術。
持ち前の機動力を活かして単騎特攻。状態異常を撒いたり、奇跡盗りで奇跡を盗んだりし、最後は名前にふさわしく自爆で高価値を道連れに退場。
撃墜されてもペナルティの少ない低価値を使うことを推奨。
持ってる奇跡がどれも天使時には役に立たないため、チーム力が残り僅かなときは静かにしておく。

  • 最終更新:2014-12-12 20:05:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード