衛星ジェットストリーム

orbitars_jetstream_top.jpg

おドール解説文

2基のジェットエンジンから、気流の塊を射出する衛星。
誘導を一切しないため、弾を当てにくいが、威力は充分にある。
気流は拡散していくため、遠くに飛ぶほど攻撃範囲は大きくなるが、威力は減衰していく。
ため射撃系により、相手を打ち上げられる。

入手方法

《女神パルテナの宝物庫》:【8章】17分以内にクリア→手に入る神器まとめ
《入手しやすい章》:15章

融合レシピ

神器性能

長所と短所

長所
  • ため射撃は相手をダウンさせずに打ち上げる効果がある(対プレイヤーキャラのみ)
  • 近距離では威力が高く、遠距離だと弾が大きくなる

短所
  • 射撃で相手をダウンさせることが出来ない
  • 誘導性が全くない
  • チャージが遅め

特徴

射撃主体の神器のくせに誘導は皆無で、相手を浮かせるため射撃は怯ませることはできず、弾速もそこまで速くない。
ヒットストップもほとんどなく、ヒット音もショボい…と一見とても頼りない神器に思える。
が、その実態は同じく風を操る神器で、当てやすいため射撃でチクチク削る爆筒ソニックウェーブとは違って、凄まじい連射の火力とコンボで相手を圧倒する攻撃的な神器。
ただ、この神器のポテンシャルを引き出すためには、打ち上げからのコンボを習得する必要があり、少し特殊な立ち回りが必要になってくる。

他の神器とは違い、射撃で相手をダウンさせずに宙に浮かせることが出来るのが最大の特徴。
とくにダッシュ射撃は浮かせる効果が大きく、当たった相手は突然のジャンプに驚くことだろう。
空中では行動が制限されるので、浮かせてほとんど移動できなくなった相手に奇跡や連射で追撃しよう。
ただしアイテムの大竜巻と違い相手がダウンしないため、倒しきれなかった際に反撃を許してしまう。
そのため、射撃を軸に戦う場合は震えや混乱等射撃を妨害する状態異常のスキルは付けておきたいところ。

神器の中では珍しいことに弾に誘導性が一切無く、射撃が当たりづらいため1対1ではジリ貧になりがち。
射程はあるものの遠距離戦はあまり得意ではないので、ある程度近い間合いをキープしたい。
また、衛星の中では連射の耐久が唯一10である。(他の衛星は全て5)

☆威力:神器の攻撃力をスキルなどで変化させていない状態で与えられるダメージの最少と最大。
★最大飛距離:神器の射程をスキルなどで変化させていない状態で出せる最大の飛距離。

連射

立ち連射以外は飛距離が遠ざかるほど威力が減衰する。
ダッシュ連射は数ある神器の中でも弾が非常に巨大で、最終的にはファイター一人分よりも少し大きいくらいになる。
さらにダッシュ連射は威力、弾速、射程、弾数、弾の大きさがかなり高水準で揃っており、誘導がないことを考慮しても非常に優秀。
ため射撃と違って連発できるのでジェットストリームの主力にもなる。
撃ちあげからのコンボとしても使うことができ、使いこなせるようになるとさらに強力。
ただし、衛星のダッシュ連射は隙が非常に大きく、この神器の連射はすべてノーリアクション攻撃なので、何も考えずに乱発するとあっさり反撃を食らうので注意。

ため射撃と同じく弾が拡大するため、その副作用として攻撃判定に対して弾の中心判定は小さく、壁の後ろに隠れていても縁ギリギリを狙えば当たる。
ふっとばし砲をとった状態であれば、当たった相手を大きくノックバックさせられるので、
壁際まで吹っ飛んだ相手に延々と攻撃し続けることもできる。

立ち連射

☆威力2.8 ★射程39.0m

左右のジェットエンジンから交互に合計12発の弾を撃つ。
飛距離によるダメージの変化がないが、威力は低め。

前ダッシュ連射

☆威力9.0~12.9 ★射程49.4m

前へ跳びながら2発の弾を重ねて発射する。
見た目は1発だが2発分ヒットする。

横ダッシュ連射

☆威力6.7~9.6 ★射程48.1m

横へ跳びながら左右交互に2発ずつ、合計4連射する。
比較的当てやすい攻撃だがダメージは低め。
低めといっても全弾ヒットで距離にもよるが後ダッシュ連射と並ぶぐらいはある。
威力や射程や当てやすさゆえとどめや削りにも向いている。また、空蝉や気合ためなどを何とかしたいときにもこれ。

後ダッシュ連射

☆威力13.5~19.3 ★射程36.0m

後方へ跳びながら2発の弾を重ねて発射する。
これも前ダッシュ連射と同じように見た目は1発。
射程は立ち連射より短いが、最低威力ですら前ダッシュ連射の最高威力を越えるほどの高火力。
ダッシュ射撃からのコンボを狙う時はこれを使おう。

ホーミングアイの弾全て、その他の衛星も後ダッ射以外は1発で消せる。
巨塔の弾も大抵2発で消せるため、相手に鬼スパムがいる場合、
仲間の神器しだいでは消し役に徹してもいいかもしれない。

ため射撃

遠くへ飛ぶほど弾が大きくなり当てやすくなるが、威力は下がっていくという特徴を持つ。
当てれば大きく相手が跳ねるため、着地直前に後ダッシュ連射を当てる癖をつけたい。

立ち射撃

☆威力9.4~17.7 ★射程57.4m

大きめの弾を2発同時発射する。
威力減衰が激しく、射程ギリギリで当てると零距離時の約半分。連射系より若干弾速が劣る。
距離が遠いと避けられやすく、追撃も出来ないのでやはりある程度接近して打ちたい。
当たった相手は小さく上に飛ぶ。
足止めになる他、奇跡で追撃できるとおいしい。
10mの距離から立ち射撃→即流星は当たると高威力の奇跡コンボ。
奇跡でなくとも、連射を強化していれば☆5.5個以上でため射→後連射コンボで無強化のファイターを確殺できる。
ちなみにこの射撃のみ射程ギリギリで急激に減速し、固着するという特性を持つ。

急速チャージをとると相手を一人でお手玉できたりもする。

前ダッシュ射撃

☆威力15.7~30.2 ★射程66.3m

前方に跳びながら大きめの弾を2発同時発射する。
気流弾の中央に紫色のエフェクトが入る。敵に対する貫通性能はない。
弾が拡大しきった時の大きさは巨搭のため射撃レベル。
対戦では当たった相手が大きく打ち上がる。
後ろダッシュ連射で追撃を狙っていくといい。
(15.7~30.2)*2+(13.5~19.3)*2で58.4~99.0もの基礎ダメージを与えることができる。
ある程度星がそろっていれば大抵はこのコンボを決めるだけで即死する(通称空中解体コンボ)。
爆炎の奇跡でも追撃可能。流星は射撃後の隙でギリギリ間に合わないように見える。

横ダッシュ射撃

☆威力12.4~24.8 ★射程66.3m

横に跳びながら2発同時発射。
対戦では当たった相手を中くらいに打ち上げる。
こちらも爆炎で追撃可能。

後ダッシュ射撃

☆威力17.4 ★射程12m

一発の風の弾を発射する。
非常にゆっくり進み、やや上に上昇しながら拡大する。設置に近いので防御用やトラップのように使う。
対戦では当たった相手を大きく打ち上げる。こちらの隙も小さめで、発射直後に当たることが少ないので追撃はかなりしやすい。
近距離戦に持ち込まれた時の牽制に使えるように思えるが、すでに打撃モーションに入った相手は当てても浮き上がらないので注意。
他の衛星の後ろダッ射とは違い、弾は完全に一発扱いな上に耐久が25しかない。
連射で簡単に消されてしまうため、ため射撃が主力でありかつジェットストリームよりもチャージ時間の長い神器相手でなければ牽制としては使いづらい。
射程ギリギリで当たった場合、着地寸前に前ダッシュ射撃→着地寸前に後ダッシュ連射のコンボも狙える。

打撃

コンボ打撃

☆威力 15.7→7.8→15.7 合計39.2

ダッシュ打撃

☆威力 44.8/29.6

対戦で使うべきではない。射撃を狙おう。

空中

連射・ため射撃ともに誘導性がないので、よく狙おう。

連射

ため射撃

シングル攻略

マルチ戦略


  • 最終更新:2017-09-22 23:13:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード