融合


概要

神器と神器を掛け合わせる(融合)ことによって、より強い神器を作ることができる。
融合して出来た神器は、融合元の二つの神器の強さの傾向や、スキルが一部引き継がれる。
すれ違い通信で入手した神器のタネ同士を融合して神器を作ることもできる。
なお、3DSを2台使った神器の複製については、こちらのページを参照。

融合のポイント

基本的に目当ての神器を作る為には、その神器を作成する為に同一素材の神器Aと神器Bを複数用意しておく必要がある。
神器Aと神器Bを複数作成する過程では、低価値の神器同士をまとめてなるべくスキルは残るようにする。
(スキルが多く残った神器Aと神器Bを融合していく過程で、不要なスキルは省かれて☆へ還元される為。)
素材によって完全に自分が作りたい神器を作るのはとても難しいので、ある程度の妥協はしよう。

出来上がる神器の価値はおよそ(親神器Aの価値+親神器Bの価値)/2+αとなる。αのボーナス値は素材の平均価値が低いほど高くなる(後述)。
素材の平均価値が299以上になると融合ボーナスが付かなくなるため、それ以上価値をあげることはできなくなるばかりか、ほとんどの場合は逆に価値が下がってしまうようになる。
これは上限価値の範囲内で射撃・打撃の強さとスキルが決定される際、上限いっぱいまで使えるとは限らないためである。

例1:
 素材A 爆筒EZランチャー 価値194(射撃★★ 打撃なし 打撃防御+2 毒属性+1 走行スタミナ+4)
 素材B 狙杖インサイト 価値200(射撃なし 打撃★★★★★★ 全防御+1 発動属性防御+1)
  この融合では素材の価値平均197+融合ボーナス18で価値上限は215だが、実際の融合結果は価値210の撃剣マルチシューター(射撃☆ 打撃★★★★ 全防御+1 走行スタミナ+4)になる。

例2:
 素材A 黒い巨塔 価値303(射撃★★ 打撃★★☆ 震え属性+1 射程+3 弾の誘導性+3 回復効果 +3 効果時間+1 ハート稼ぎ+3)
 素材B 衛星ジェットストリーム 価値303(射撃★★★☆ 打撃★★★★ 横ダッシュ射撃+4 回復効果+4 ハート稼ぎ+3)
  この融合では融合ボーナスが付かないので価値上限は303だが、実際の融合結果は価値301の射爪ワイルドベア(射撃★★★★★ 打撃★★★★★ 震え属性+1 回復効果+4 効果時間+1)になる。

どちらの例も価値上限には達していないが、かと言ってこれ以上射撃・打撃の★やスキルを増やすと上限価値をオーバーしてしまう。

シングルプレイのホンキ度8~9辺りで手に入る最大価値は341だが、融合では341同士を融合しても320~330程度まで下がってしまう。
融合で作れる価値の限界は300~320が目安、と憶えておこう。

神器の価値計算式

基本値=(親神器Aの価値+親神器Bの価値)/2
※攻略本ではこの基本値算出においてマイナススキルは考慮されないという記述があるが、明らかに考慮されている。

融合ボーナス
基本値 ボーナス
~162 22
163~261 18
262~298 11
299~ 0

子神器の価値上限=基本値+融合ボーナス ※神器の組み合わせによっては誤差が生じることがある。
※攻略本では上図のように親神器の価値平均が298(299未満)まで融合ボーナスがプラスされるという記述があるが、
価値平均が298では融合ボーナスがプラスされなかったという報告があり、精密な検証が必要である。

神器のグループ設定

融合によって生まれた神器にはグループ1~グループ5までの設定があり、
グループ1に近いほど射撃や打撃の強化が優先され、グループ5に近いほどスキルの受け継ぎが優先される。
グループの割り振りは「親神器の組み合わせ」によって決まる。

例1)古代の狙杖+爆筒ドゥーム=最初の撃剣(グループ1):射撃や打撃の引き継ぎを優先した最初の撃剣ができる
例2)狙杖シャイニングオーブ+ツインベロスの爆筒=最初の撃剣(グループ5):スキルの引き継ぎを優先した最初の撃剣ができる

強い神器とは

価値とは、神器に付いた★とスキルの容量の合計値の事。★やスキルが多いと価値も高まる。
融合での価値の限界は300~320程度、ここまで高めるとそれ以上★やスキルを増やせなくなってしまう。

ただし対戦では価値が高いとリスクが大きいため、価値が高い神器=強い、という訳ではない。
そのため強い神器とは、神器の特徴に合わせた能力に特化させて、無駄な★やスキルを省いた神器になる。
たとえば、豪腕タウラスは射撃が弱いが打撃は強い。
なので、射撃の★は0、打撃の★を6にして価値の無駄を省けば、射撃の★の価値の分だけ別のスキルを組み込めるようになる。
その分、コンボ打撃+4を付ければ打撃の威力はさらに上がるし、移動速度+4を付ければコンボ打撃しやすくなる。

また、数値がマイナスのスキルは価値も同時に下げてくれる。
射撃が強く、打撃が弱い神器は射撃の★を6、打撃の★を0にする方が効率が良い。
そこで打撃をさらに下げるマイナススキル、コンボ打撃-2、ダッシュ打撃-2などを一緒に付ければ、
マイナススキルで価値が下がった分、他の射撃の★や射撃威力強化スキルなどを付けられるようになる。

★の法則

射撃★0.5以上あり、打撃★0の神器同士を融合すると完成した神器も打撃★0になる。射撃★0も同様。
射撃特化型、あるいは打撃特化型神器を作りたければ、打撃★0もしくは射撃★0同士の神器のみを材料にしよう。
一応、★0.5と★0を融合して★0を作り出せる事もあるが、難易度が高くあまり現実的ではない。

射撃と打撃、両方に★がある神器は融合しても価値が高まりやすいので、両方に★がある神器同士で融合してストーリー用神器でも作ろう。
特化型神器こそ作れないものの、材料となる神器は豊富にあるので結構良い神器が作れたりする。

★を消してスキルを抽出する方法

射撃と打撃、両方に★が付いた神器から片方を消しても、特化型の素材用にスキルを1つ抽出するぐらいしかできない。
打撃特化型のためにコンボ打撃+4、ダッシュ打撃+4、ダッシュ射撃-2、ダッシュ連射-2、
射撃特化型のためにコンボ打撃-2、ダッシュ打撃-2、ピンチ時攻撃力-4などの
レアなスキルを抽出したい時に使おう。

★を消すには、残したいスキルを必ず残るようにしながら、価値100近い神器と融合して価値を下げていこう。
そして、星を消したい側を☆(0.5)だけを残して、価値150程度までになったら、
後は☆が消えつつスキルも残る融合の組み合わせを探るのみ。
予め☆を消すためにために価値100近い神器を大量に授かっておくと、スムーズに行いやすい。
価値100に近い神器はハート代も安いので、見かけたら授かっておこう。
ちなみに、下げ幅の大きいマイナススキルや価値の大きいスキルは、
単品での抽出が不可能と言われており、スキルを抱き合わせで抽出する必要がある。

融合のグループ処理(仮説)

経験則と考察からのグループによる価値処理の仮説。ソフト解析などはできていないため、あくまで仮説程度にとどめておくのが吉。

それぞれのグループにはグループ係数なるものが存在していて親神器のどちらかに☆がある場合、融合価値上限にグループ係数をかけた物がスキル合計価値の上限となる。
グループが高いほどグループ係数も高くなるが、グループの中にも若干の差異は存在する模様
そして、スキル合計価値上限以内に収まるように親神器からスキルを引き継ぐ。
そして、(融合価値上限 - 引き継いだスキル価値)の値が☆の上限価値となり、上限価値に収まるギリギリの分だけの☆が子神器に引き継がれる。
グループ係数は親神器のスキル価値や、マイナススキルの影響を受けるとされており、「グループ5なら高価値スキルつめ放題」というわけでもない。
両☆の☆決定でも親神器の☆の数の影響を受けると考えられている。
グループ係数は最大で0.725であると考えられており、融合結果が300前後の神器の場合は片☆の場合、射撃は2.5 打撃は4.0が理論上最も少ない☆の数であるとされている。
逆にこれ以上低い☆の神器を作るためには、拾うか授かる以外に方法はない。

融合の手順例

ここに記されるのはあくまで一例、融合の手順やコツは詳細が分かっていないので個々人で差違がある。

例その1(この手順例は3DSを2台所持していることが前提)
1.付けたいスキルが付いた素材をそれぞれ用意する。
2.価値100の神器と融合して無駄な低価値スキルを落とす。
3.無駄な低価値スキルを落とした神器を複数用意し、星の数が6個になるまで少しずつ増やしていく。
4.スキルと星の数を維持しつつ融合を繰り返して目的の神器に到達。

例その2(運任せ)
1.有用なスキル(ダッシュ射撃4、射程3など)を持つ打撃の星が無い神器を用意する。
2.有用なスキルが消えないように留意しながら、同価値程度の目立ったスキルを持たない、射撃の星のみの神器との融合を繰り返す。
3.2を繰り返しながら、良い神器が出来る事を祈る。(出来なければ素材として扱う)

グループ活用のススメ

神器の融合において、グループが設定されていることは前述したが、
実際にグループ分けはどのように活用するのか、用途別に見ていこう。

素材製作におけるグループ活用

必要なスキルを抽出し価値を上げていく際に、不要なスキルはどうしても付いてくる。
このような不要スキルは完成品を作成する際に極めて邪魔な存在となる。
(完成品に不必要なスキルが継承されてしまい、目的のスキルを継承できなくなってしまう)
それを防ぐには

  • 必要なスキルを持つ神器同士を融合させる
  • ある程度素材の価値を高めたら(価値250程度?)
    スキル継承<★強化の、グループ1~2(継承スキルが多ければグループ3もあり)
    の組み合わせになるように融合して不要スキルを削ぎ落とす
  • 不要なスキルを持たない神器同士を融合して価値を上げる(2台持ちでないと厳しい)

などの方法を取り、目当てのスキル以外はなるべく付属させないようにしよう。
調整が困難な高価値神器(価値300近く)になると、不必要なスキルの削ぎ落としが困難となり、
スキル集約が困難になるのでその前の段階で抽出したスキルを持つ素材神器同士を融合して、
必要なスキルを集約し、スキルで価値を上げてしまいたい。★はスキル集約後に増やそう。
完成品のスキル数が少ないのならばグループ1寄りに、
スキル数が多いのならばグループ5寄りに作っていこう。
特に注意しなければならないのが、スキル数が6に満たない場合、
不要な低価値スキルが居座り続ける可能性がある。
なお、2台持ちを利用した神器複製はスキルが揃った段階のうちにもやっておこう。
価値を高めた完成品一歩手前で複製しても、神器IDやグループの関係で詰む可能性がある。

完成品製作におけるグループ活用

完成品一歩手前、欲しいスキルは全て揃ったが、
なかなか目当ての神器がスキルを受け継いでくれない。
要らないスキルのせいで★が付かない。
など、完成品まであと少しなのに歯痒い思いをした人も多いだろう。
こういう時はグループを活用しよう。
すなわち、欲しい神器の素材となれる神器の組み合わせを調べ、その中でも
スキルを受け継がないのならグループ4、5で
★の強化がされないのならグループ1、2で
融合を進めよう。
もちろんその最終素材を作る際にもグループの考慮が必要だが、
神器の組み合わせは数個あるので、最終素材までの融合必要回数はそんなに多くはないはず。

前述の、素材のスキル完成段階での複製はここで重要になる。
最終素材が完成した際に、
●完成品のIDが奇数、最終素材のIDが偶数しかない、などのIDによるケース
→こうなると、最終素材を一旦融合して奇数IDの神器にする必要があるが、
 価値を高めた最終素材のスペックを中々思い通りに継承してくれない。
●最終素材から行える融合のグループが1でスキルを継承しないorその逆のケース
→この場合も最終素材を融合して立て直す必要がある。

※同名の神器を素材とした場合、グループは必ず2となるため、
 これらのミスに気付いて最終素材同士を融合してもスキルの継承は
 不可能に近い。よく覚えておこう。

これらのケースは注意を怠らなければいずれも回避可能だが、
そもそも素材の高価値化の段階で全てのスキルを継承させることが難しく、
価値上昇のための苦肉の策の末にこれらのケースに陥る場合も多い。
特に多数のスキルを付属させようとした場合に起こりやすい。
そうしたときにバックアップとしてスキル完成状態の素材を残しておくと何かと便利。
2台持ちではない場合、このパターンに陥らないようにしっかりと注意しよう。

神器種組み合わせ表

生成される神器の種類は融合元の神器種によって決まると思われる。
また、一部の組み合わせではこの通りにならないものもある。


剣=撃剣 杖=狙杖 爪=射爪 弓=神弓 掌=破掌 塔=巨塔 筒=爆筒 星=衛星 腕=豪腕

神器IDと融合法則


ID 撃剣 狙杖 射爪
01 最初の撃剣 狙杖インサイト 射爪ブラウンタイガー
02 撃剣マルチシューター 狙杖シャイニングオーブ 射爪レッドウルフ
03 撃剣バイパー イバラの狙杖 射爪ワイルドベア
04 撃剣クルセイダー 狙杖ハードナックル 射爪オレパンチ
05 王者の撃剣 古代の狙杖 見えない射爪
06 撃剣オプティカルセイバー 狙杖ガルランサー 射爪ラピッドヘッジホッグ
07 撃剣景丸 狙杖スナイパーショット 射爪ラプター
08 撃剣バレットマスター 狙杖っぽいなにか 射爪ヘビーガン
09 撃剣アクエリアス 狙杖スコルピオ 射爪キャンサー
10 オーラムの撃剣 狙杖シャープレーザー 射爪ビームネイル
11 パルテナの撃剣 ブラピの狙杖 ナチュレの射爪
12 ガイナスの撃剣 タナトスの狙杖 パンドーラの射爪

ID 神弓 破掌 巨塔
01 神弓フォーチュン 破掌バイオレット 巨塔鉱物の塊
02 神弓シルバーリップ 破掌ヒートマグナム バベルの巨塔
03 神弓コメットエッジ 破掌ラッシュニードル 巨塔スカイスクレイパー
04 霊木の神弓 月光の破掌 アトラスの巨塔
05 神弓ダークネスライン 呪いの破掌 巨塔プラネットハンマー
06 神弓クリスタ 破掌ディスカッター 巨塔百鬼の棍
07 キューピッドの神弓 破掌ぷっくり 光輪の巨塔
08 神弓ホークアイ 忍の破掌 黒い巨塔
09 神弓サジタリウス 破掌ヴァーゴ 巨塔カプリコーン
10 オーラムの神弓 オーラムの破掌 オーラムの巨塔
11 パルテナの神弓 ナチュレの破掌 ヒュードラーの巨塔
12 エレカの神弓 ビッグ死神の破掌 マグナの巨塔

ID 爆筒 衛星 豪腕
01 爆筒EZランチャー 衛星プチ 豪腕クラッシャー
02 鉛玉の爆筒 衛星ガーディアンズ 豪腕コンパクト
03 爆筒プレデター 電撃の衛星 豪腕デンショッカー
04 ポセイドンの爆筒 衛星ホーミングアイ 豪腕ボルケイノ
05 爆筒たまや 妖精の衛星 豪腕ドリルヘッド
06 爆筒レールカタパルト 肉球の衛星 豪腕アイアンボマー
07 爆筒ダイナモ 衛星ジェットストリーム 豪腕おわん
08 爆筒ドゥーム キャノン衛星 豪腕アポカリプス
09 爆筒レオ 衛星ジェミニ 豪腕タウラス
10 爆筒ソニックウェーブ オーラムの衛星 豪腕ダッシュアッパー
11 ツインベロスの爆筒 イカロスの衛星 クラーケンの豪腕
12 ロッカの爆筒 アロンの衛星 フェニックスの豪腕

素材となる2つの神器IDを合計した値(13以上なら12を引く)が、融合後の神器IDとなる

<例1>撃剣マルチシューター(剣02)+神弓シルバーリップ(弓02)
種別:剣+弓→掌
ID:02+02=04
よって融合結果は月光の破掌(掌04)

<例2>破掌ぷっくり(掌07)+ツインベロスの爆筒(筒11)
種別:掌+筒→剣
ID:07+11=18、12を引いて6
よって融合結果は王者の撃剣(剣06)

神器融合例外


素材A 素材B 実際の融合結果 表による融合結果
(この結果にはならない)
最初の撃剣(剣01) イカロスの衛星(星11) パルテナの神弓(弓11) ビッグ死神の破掌(掌12)
撃剣景丸(剣07) 巨塔プラネットハンマー(塔05) アロンの衛星(星12) タナトスの狙杖(杖12)
イバラの狙杖(杖03) 衛星ホーミングアイ(星04) 撃剣景丸(剣07) 光輪の巨塔(塔07)
狙杖ハードナックル(杖04) 豪腕アポカリプス(腕08) ガイナスの撃剣(剣12) アロンの衛星(星12)
狙杖っぽいなにか(杖08) 破掌ヴァーゴ(掌09) 豪腕ダッシュアッパー(腕10) 爆筒たまや(筒05)
ブラピの狙杖(杖11) 神弓フォーチュン(弓01) パルテナの撃剣(剣11) フェニックスの豪腕(腕12)
見えない射爪(爪05) 破掌バイオレット(掌01) 爆筒レールカタパルト(筒06) 豪腕アイアンボマー(腕06)
射爪ラピッドヘッジホッグ(爪06) 巨塔百鬼の棍(塔06) ビッグ死神の破掌(掌12) エレカの神弓(弓12)
キューピッドの神弓(弓07) エレカの神弓(弓12) ナチュレの破掌(掌11) 爆筒ダイナモ(筒07)
キューピッドの神弓(弓07) 豪腕ドリルヘッド(腕05) イカロスの衛星(星11) ガイナスの撃剣(剣12)
呪いの破掌(掌05) 鉛玉の爆筒(筒02) 黒い巨塔(塔08) 撃剣景丸(剣07)
破掌ぷっくり(掌07) 爆筒たまや(筒05) フェニックスの豪腕(腕12) ガイナスの撃剣(剣12)
巨塔百鬼の棍(塔06) 爆筒レールカタパルト(筒06) ブラピの狙杖(杖11) アロンの衛星(星12)
電撃の衛星(星03) 豪腕ボルケイノ(腕04) 爆筒ダイナモ(筒07) 破掌ぷっくり(掌07)
ロッカの爆筒(筒12) アロンの衛星(星12) ナチュレの射爪(爪11) パンドーラの射爪(爪12)

尚、これがバグや製作側のミスに由来するものなのか、わざとそのように作成したものなのかは不明。

神器融合ループ(参考)

377 :枯れた名無しの水平思考 :2012/03/21(水) 08:43:19.72 ID:ZtTgekUH0
スキルや星強化の為のループ
これの他にもパターンはいくつもあると思う
効率重視のつもり
※[]は合成したもの、間違いあったら指摘お願いします

【撃剣】
[剣]+塔or筒→[杖]+筒→[剣]
[剣]+爪→[塔]+掌or腕→[剣]

【狙杖】
[杖]+爪or弓→[腕]+爪or筒→[杖]
[杖]+星→[塔]+剣→[杖]

【射爪】
[爪]+爪or弓or剣→[塔]+星→[爪]
[爪]+星or腕→[杖]+剣or塔→[爪]

【神弓】
[弓]+爪or掌→[塔]+爪→[弓]
[弓]+剣or塔→[掌]+星→[弓]

【破掌】
[掌]+剣or爪or掌→[腕]+星→[掌]
[掌]+塔or筒→[剣]+弓or星→[掌]

【巨塔】
[塔]+掌or腕→[剣]+爪→[塔]
[塔]+杖or星→[爪]+剣or爪or弓→[塔]

【爆筒】
[筒]+弓or塔→[星]+弓or星→[筒]
[筒]+剣or腕→[杖]+杖or掌→[筒]

【衛星】
[星]+剣or腕→[掌]+腕→[星]
[星]+弓or星→[筒]+弓or塔→[星]

【豪腕】
[腕]+弓or塔→[剣]+掌→[腕]
[腕]+爪or筒→[杖]+爪or弓→[腕]


最終素材 早見表

138 枯れた名無しの水平思考 2012/04/16(月) 17:10:23.59 ID:asYgyMT80
最終素材 早見表

[]付きのが目標となる神器の種類です、神器のあとの数字が
合成でそのその種類になる素材数となります。

[撃剣] 破掌2 巨塔2 爆筒2 豪腕2 狙杖1 神弓1
[狙杖] 撃剣2 射爪2 爆筒2 豪腕2 巨塔1 衛星1
[射爪] 撃剣2 狙杖2 巨塔2 衛星2 爆筒1
[神弓] 射爪2 豪腕2 撃剣1 破掌1 巨塔1 爆筒1 衛星1
[破掌] 撃剣2 神弓2 衛星2 巨塔1 爆筒1 豪腕1
[巨塔] 射爪3 神弓2 撃剣1 狙杖1 破掌1 衛星1
[爆筒] 狙杖2 神弓2 衛星2 破掌1
[衛星] 巨塔2 爆筒2 豪腕2 狙杖1 神弓1 破掌1
[豪腕] 破掌3 狙杖2 射爪2 撃剣1 神弓1

たとえば目標が巨塔なら、素材の片方を射爪にしておくと
3種類の神器のどれかを合成すれば目的の神器ができるため
合成パターンを作りやすくなります。
例外パターンがある神器は
それを考慮にいれるのもありだとおもわれます。


  • 最終更新:2014-12-22 14:58:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード