破掌ヴァーゴ


おドール解説文

十二宮神器の1つ。乙女座。
もともとは洗礼のために設計された道具であり、他の神器にはあまりない"浄化"の属性を持つ。
破掌の中では、射程がもっとも長い。
弾が遠くに飛ぶほど大きくなる。攻撃力や誘導性は低いが、後ろダッシュ射撃がカベになる。

入手方法

《開放条件》:乙女座の部屋を見つける→解禁まとめ
《入手しやすい章》:12章

融合レシピ

神器性能

長所と短所

長所
  • 破掌のなかでは一番射程が長い
  • 弾速と弾のサイズが大きく、回避しにくい
  • 後ろダッシュため射撃の防御力が優秀
短所
  • 威力は低め
  • 誘導性が破掌のなかでは低め

特徴


威力、誘導性を犠牲に射程を高めた破掌。といった感じ。
そのため他の破掌とは一味違った立ち回りを要求される。どちらかというとサポート向き。
威力は破掌のなかではそこまで低くはないが、所詮破掌。爆発力に欠けるのはお約束と言える。
誘導性は、連射はほとんど誘導せず、ため射撃はそれなりに誘導する。
連射、ため射撃すべて通して、縦方向の誘導は特に強くかかるという特殊な誘導の仕方をする。
後ダッシュ射撃による近接カウンターや設置機雷はロマンの塊。

ちなみに、浄化属性というのは各神器がそれぞれ持っている『通常属性』(命中時のエフェクト)を指す。
通常属性については用語解説を参照のこと。
おドールの解説文を読んで、オーンを倒せるのではと思う人もいるがそんなことはない。
もちろん、ごくまれに即浄化が起きるなんてこともない。
なお、「みんなで」では通常属性はまったく意味がないのであしからず。


連射

前ダッシュ、横ダッシュはほとんど誘導性がない。
後ろダッシュのみ少しだけ誘導性あり。

連射

☆威力 2.2~3.2★射程 35.3m
1セット約30発。

ゆるやかな放物線を描いて飛ぶ。
他の破掌と違い、殆どバラつかない・横誘導しない。
瀕死の敵への削りには最適だが、しっかり距離を取り、照準をあてていこう。
誘導を強化するとちょっとだけ当てやすくなる…かも?

前ダッシュ連射

☆威力 7.1~10.1★射程 40.6m
1セット3発。

ばらけてほぼまっすぐ飛ぶ。
削り能力自体は他の破掌と違わないが、こちらもほとんど誘導しない。
近接しながら相手の体力を削っていく戦法は、正直あまり適さない。
コレを撃ったら、次は後ろダッシュ連射で相手との距離を保ちたいところ。

横ダッシュ連射

☆威力 5.5~7.8★射程 38.0m
1セット3発。

狭い角度の扇状にほぼまっすぐ飛ぶ。
性能は前ダッシュ連射とほぼ同じ。
相手との距離を保てるので、中距離での削りはこちらをつかいたい。

後ろダッシュ連射

☆威力 6.7~9.6★射程 36.6m
1セット3発。

ゆるやかな放物線を描いて飛ぶ。
相手との距離をとりながらの攻撃に向いている。
立ち回り上、近からず遠からずを保ちたいため、距離の調整に使うと便利。
また、弾は減速していくため回避しにくい。

他の連射と違い、縦方向に非常に強い誘導がかかる。その強い縦誘導だけは破掌の中でもトップクラス。
後ダッシュ連射の縦誘導だけに限ればおそらく全神器トップ。しかし、横への誘導は微々たるものなので注意。

ため射撃


連射はまったくといってもいいほど誘導しないが、こちらは誘導性がある。
弾のサイズが大きく、弾速も速いため、かなり回避しづらい。
縦方向の誘導が特に強いため、上から落とすように撃つことで相殺されにくくなる。

飛距離が長いと、ただでさえ低めな威力が下がってしまうが、長距離ではこちらを主体に戦って行きたい。
また、後ろダッシュため射撃のみ特別な性能となっている。

ため射撃

☆威力 22.4~32.1★射程 48.5m

ため射撃系では一番威力が低い。
こちらを使うよりは、ダッシュと絡めるか、ダッシュ連射をバラまいた方が良い。

前ダッシュため射撃

☆威力 32.0~45.6★射程 62.7m

立ちため射撃と比べ、威力・射程ともにかなり上昇している。
遠距離から狙うのにはこちらを使いたいところ。

横ダッシュため射撃

☆威力 26.1~36.9★射程 57.3m

使いどころが難しい。
相手の攻撃を避けやすいため、安全とは言える。

後ろダッシュため射撃

☆威力 60.0★射程 1.8m
距離やあたる場所による威力の変化はない。
このような盾系の射撃全般に言えることだが、照準の上下は無関係である。

この神器の目玉とも言える射撃。ヴァーゴを使うなら是非マスターしたいところ。

発動後、3秒弱その場に留まり続ける。その間サイズは大きくなり続け、最終的には画面を覆いつくす程になる。
また威力も高く、立ちため射撃のおよそ2倍。相殺力はこの手の射撃には珍しく低めだが、高い基礎威力のおかげで
巨塔や狙杖のダッシュ射撃全般を含む、大体の射撃を打消すことができる。
流石に耐久値100を誇る巨塔の立ち射撃には貫通されてしまうが、それでも盾としては非常に信頼出来る性能。

使い方としては、ガーディアンのような身を守る使い方だが、こちらは敵に当たると消滅する。
これだけで身を守るのは厳しいが、その圧倒的なサイズと高い威力に加え、真上に大きく吹き飛ばす性質から追っ手を撒くのに最適。

盾系の射撃のなかでは、威力・サイズともにトップクラスで、上記の吹き飛ばし性能も魅力。
逆にヴァーゴはこれ以外に射程くらいしか特徴がないため、これを使いこなせるかどうかが肝。かも。

打撃

打撃コンボ

☆威力 三連撃(12.2-7.9-13.7)

全部当てて33.8。
御多分に漏れず厳しい数値。

ダッシュ打撃

☆威力 16.6~34.6

あまりにも厳しい。
せっかく後ろダッシュため射撃があるのだから、それを使って逃げたほうがマシ。

空中

解説

シングル攻略


戦術

立ち回りが若干違うとはいえ、破掌であるのには変わりないため、柔軟な戦い方ができる。
自分に適した立ち回りと、それを補助する奇跡・スキルを見つけたい。

オススメ奇跡・スキル

奇跡

溜め射撃で火力を狙いたいならクイックチャージ、連射で嫌がらせしたいなら状態異常付与系など。
接近拒否もあると便利だが、破掌である以上近~中距離は割りと得意。
透明・軽量化などの逃げ特化ではない奇跡を積んでおきたいところ。

スキル

ダッシュ射撃+があれば、使いやすいタメ射撃を高威力で撃てる。
発動属性があれば、破掌特有の手数の多さと、ヴァーゴの射程の長さから嫌がらせに特化できる。

どちらの場合も、射程+があれば使い勝手が飛躍的に上昇する。
参考として、+3の前ダッシュため射撃は92.7m、立ち連射は52.1m。
但し、破掌の特性上、飛距離が増すと威力が下がるので注意。

射程誘導型

「射程」「弾の誘導性」を同時に付け、ヴァーゴ特有の山なり軌道を強化する型。
ヴァーゴの山なり軌道は誘導性を強化しても色濃く残り、40m以上離れた相手の上空に向かって撃つと、
相手の頭上から落ちてくるような射撃ができるようになる。
障害物乗り越えるために誘導性を利用して上に向かって撃つのは他の神器でもよくあるテクニックではあるが、
射程誘導型ヴァーゴの場合は「吹きすさぶ高野」の中央広場側から高台広場側の奥に居る相手を狙えるほどの強い山なり軌道を描く。

  • 最終更新:2014-01-18 08:53:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード