狙杖インサイト

staff_insight_top.jpg

おドール解説文

狙杖は他の神器に比べ、度を超えて長射程。
一般的には、相手が遠いほど威力が高まる。
逆に近距離戦は苦手。
基本的な性能を備える狙杖インサイトは、狙杖の立ち回りを覚えるのにうってつけ。
打撃は不得意なので敵に近づかれる前に仕留める戦法が有効。

入手方法

《入手しやすい章》:2章

融合レシピ

神器性能

長所と短所

長所
  • ため射撃の威力、射程、弾速、相殺力が他の神器と一線を画するほど高い性能を持つ(狙杖全般の特性)
  • 射撃が威力増大型なので遠距離ほど有利になる
  • 狙杖の中では連射の性能が悪くないため、奇跡『空蝉』が弱点になりにくい
  • 高速杖にしては非常にため射撃が大きい

短所
  • 誘導性がないので当てにくい
  • ため時間が長めで、射撃の隙が大きめのため小回りが効かない
  • 近距離ではため射撃の威力が大きく下がってしまい、打撃も弱いので接近戦が苦手
  • 運動性能が神器の中でもかなり悪い(その代わりステップが最高性能)
  • スキル「射程-」がつけられないため、威力減衰の緩和ができない

特徴

長い射程、速い弾速、低い誘導性と遠距離戦が得意な狙杖のスタンダードモデル。
狙杖なのでその射程は長いものの、シャープレーザー、スナイパーショット、タナトス等よりは劣る。
その分、弾の大きさや弾速のバランスが取れており、当てやすい。連射で中距離の射撃戦もこなせる。
さらに威力もかなりのもので、遠距離なら無強化でも最大三桁という他の種類の神器からは想像もつかない火力を持つ。
射撃★6もあればスキルが適当でも、ダッシュ射撃が広範囲で無強化ファイターを即死にできる火力になるため、
神器の厳選を行わなくても、お手軽に対戦用のものが作れる点もポイントが高い。
狙撃するタイプの狙杖の中では弾は大きい方で、スコルピオやスナイパーショットほどの弾速はないが、
弾速も非常に速く多少照準がずれていてもよく当たる。

ため射撃が高速な杖の中では非常に弾が大きいが、立ち回る時の敵との距離が違い、
0コンマ数秒後の偏差射撃をするわけでもないため、中速杖から始めた人にとってはやや使いづらいかもしれない。
逆もまたしかりで、狙杖の入門ではあるが入れ込むと他の杖が使いづらくなるという罠。
その杖という神器種の癖の強さを学ぶ意味でもID:1なのかもしれない。
とはいえ、やはり射撃全般の扱いやすさもあり、初心者にもオススメ出来る狙杖。

連射

ダッシュ連射は全て3連射。
他の神器と比べると連射にしてはやたら射程が長い。
ほんの僅かだが誘導する。

立ち連射

☆威力2.7~4.0 ★射程47.6m

8発でリロード。

前ダッシュ連射

☆威力7.6~11.3 ★射程60.8m

横ダッシュ連射

☆威力6.5~9.7 ★射程60.8m

後ダッシュ連射

☆威力8.6~ 13.0 ★射程60.8m

連射の中では威力が最も高く、逃げ撃ちに最適。
それほど強化しなくても削りに使るため、なかなか便利。

ため射撃

そこそこ太めのレーザー弾を発射。
弾速は非常に速く、床撃ちによる計測では大体23m/fぐらい。
ブラピの狙杖オーラムの衛星の連射とほぼ同速で、射程ぎりぎりからでも見てから避けることは非常に困難。
敵を貫通するため、まとめてぶち抜くことも可能。

立ち射撃

☆威力17.8~64.1 ★射程84.0m
射撃の先っぽの青いところが当たり判定。
ダッシュ射撃と比べると弾の大きさ・威力は劣る。
しかし全ての神器に共通する特徴だが、射撃ボタンを押してから
発射するまでの間隔はダッシュ射撃より早く、チャージの間隔も短くなる。
この神器の場合、近距離ではダッシュ射撃でも即死を狙うことが難しくなるため
こちらを使用したほうがリスクが少ない状況も多々あるだろう。

staff_insight_たち溜め
▲きっちりキマればキモチいい!

前ダッシュ射撃

☆威力31.6~113.7 ★射程88.0m
中央の青白いところが当たり判定。
インサイトは射程がほかの高威力杖と比べ短いため、杖の中ではかなり威力の上昇が急激。
特に前ダッシュ射撃は威力が高くインサイトの主力となる。
また、インサイトのダッシュ射撃は高速杖の中では非常に弾が巨大で、シャープレーザーのダッシュ射撃やモノアイとほぼ同等の大きさ。
ただ、他の杖とは使い心地が若干違うため当てやすいかどうかは使い手次第。
立ちため射撃と比べると、いかにダッシュ射撃の判定が大きいかわかる

staff_insight_たち溜め前
▲貫通すればなおのこと!(画像は発射直後の様子。)

横ダッシュ射撃

☆威力25.1~90.4 ★射程88.0m
他の杖にも言えることだが、大きく横に動く横ダッシュ射撃は反射板に強い。
威力は他のダッシュ射撃に見劣りするが、開幕狙撃や反射板のすぐ横を通そうとするときはお世話になる。
対杖などで先手をかける時もこの射撃で揺さぶることを心がけよう。
反射板で仲間を狙撃してしまう可能性には注意。

staff_insight_溜め横
▲ズームしてあんしん! 狙ってあんしん!

後ダッシュ射撃

☆威力27.5~99.1 ★射程88.0m
近づかれたときの緊急策。
射程はどのダッシュ射撃も同じなので遠距離でこの射撃を使う意味は少ない。
弾が大きいので、逆に自ら近づいて後ろダッシュ射撃みたいな使い道もできる。

打撃

コンボ打撃

☆威力15.0-8.0-15.0 (計38.0)

柄の部分で殴る。
後隙はやや大きいが、発生は悪くない。
とはいえ、あまり威力も低く積極的に狙っていくのは控えるべき性能。
実は狙杖の中ではシャープレーザーと同率の9番目の低威力である。
打撃神器に狙われたときの最終手段として打撃相殺に持っていくぐらいか。
上記のとおり発生は悪くなく神器がそこまで軽いわけでもないため、打撃相殺合戦は意外と負けにくい。

ダッシュ打撃

☆威力36.0
杖を前に振り下ろすため、やたら攻撃範囲が縦に長いダッシュ打撃。
発生がやや遅く打撃マーカー範囲が狭いため、その攻撃範囲を最大限に生かすためにはコマンドダッシュ打撃が必須。
一応カス当たり(23.8)が存在するが、カス当たり範囲よりクリティカル範囲のほうが広いため、基本的にカス当たりはしないと考えていい。
一瞬遅れて当てることによってカス当たりを確認はできる。

空中

連射

☆威力18.2 ★射程133.3m

ため射撃

☆威力90.2 ★射程218.4m

シングル攻略

できるだけ敵と離れて遠距離攻撃に徹し、近づかれたら無理をしないという狙杖の基本さえ守っていればなかなか扱いやすい神器。
他の狙杖にも言えることだが、威力が高いため射撃と威力不足だがチャージ不要の連射、それぞれの使い分けはうまくできるようにしておきたい。
そのためにも、事前に射撃場などでチャージ時間がどれくらいかかるかの確認だけはしておきたいところ。
壺タナトスの髑髏弾はコンボ打撃よりもダッシュ打撃で反射したほうが安全。

戦術

狙撃型(威力重視)

狙杖の戦法において最も基本的な型。
特に威力増減が激しいこの神器では、いかにこの戦法を崩されないよう戦うかが重要。

対戦での狙撃において重要なのは的確に命中させる腕前よりも上手い位置取り。
相手に狙われづらく、マップを広く見渡せるポイントを取れればこちらのもの。
位置取りは遊んでいる内に段々と分かってくるので、狙撃の練習も兼ねて経験を積んでいこう。

奇跡

  • グライダージャンプ超速ダッシュテレポート
    接近された場合に必要な逃げ奇跡。最低でもどれか一つは入れておきたい。
    コストや性能も一長一短なので、自分にあったものを選ぼう。

  • 人間ミサイル流星地雷
    近付かれた際の反撃に。SA状態の相手にはあまり有効ではないので注意。

  • 反射盤
    対狙杖や神弓で相手を牽制できる。

  • オート照準
    そこそこ便利ではあるが、慣れると手動で狙った方が命中率が良い。

  • クイックチャージ
    手数を増やして火力を底上げする。
    金鎧エアリーズを使用した相手も無理矢理削りきるという荒業も可能。

  • 波動ビームカベすり抜け弾
    障害物に隠れた相手に。

  • 気合いだめ
    距離に関わらず即死火力が出せるようになる。使う場合は『空蝉』か『死んだふり』とセットで。

  • 空蝉死んだふり
    『気合いだめ』の維持やチャージまでの時間稼ぎ、緊急回避と用途は多い。
    空いたスペースに入れておくと便利。

ダッシュ連射型

一般的な狙杖の連射はあまり使いやすくはないが、この神器はダッシュ連射の性能が
  • 長い射程
  • なかなかの威力
  • 速めの弾速
  • 微量の誘導
  • (ダッシュ射撃と違って)連発できる
と、意外と高性能であるため、使いやすい。
なので、ダッシュ射撃と交えて使おう、という戦法。連射と溜め射撃をバランスよく使うことが重要。主に高性能な後ダッシュ連射を使う。

神器の強化は、ダッシュ連射+のスキルを使う方法と、射撃★を増やす方法がある。
前者はダッシュ連射をメインに戦うもので、スキル・★の両方を使うことにより威力を高めるもの。
後者はダッシュ射撃をメインにし、サブウェポンとしてダッシュ連射を使っていくもの。

この戦法のメリットとしては、
  • ダッシュ射撃よりダッシュ連射のスキルの方が安い場合が多いこと
  • ダッシュ射撃を警戒している相手に不意打ちができること
  • わずかだが、誘導で補えること
  • 確率系の発動属性を起こしやすいこと
といったところ。デメリットは、
  • 一度戦法が分かると対策できること(相殺など)
  • 連射が全発当たるわけではないということ
  • ダッシュ射撃より射程が短いこと
  • バテやすいこと(スキル-走行スタミナか、奇跡-バテしらずで対応可能)
  • とにかく隙が多いこと
など。

奇跡は、上記の狙撃型のものに加え、

  • バテしらず
    前途の通り、ダッシュ連打によるバテを防げる

  • ○○付け
    連射戦法の特徴である、何度も弾を当てて状態異常を起こすということがしやすい

などもおすすめ。

対策


  • 最終更新:2013-08-07 13:41:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード