爆筒レオ

爆筒_レオ_トップ.JPG

おドール解説文

十二宮の神器の1つ。獅子座。
炎の力を秘めたたてがみから、火炎爆弾を生成して射出する。
炸裂前の弾で相手を吹っ飛ばすことができる。
敵を貫通した弾は、後方で爆発して相手を巻き込むが、うまく当たらない場合もあり、多少取り回しが難しい。

入手方法

《開放条件》:獅子座の部屋を見つける→解禁まとめ
《入手しやすい章》:10章

融合レシピ


神器性能

長所と短所

長所
  • 連射、打撃の威力が当てづらい分高い。
  • ため射撃の爆風に当たった相手を長時間拘束させられる。
  • ため射撃の爆風に当たった相手を確実に炎上させられる。

短所
  • ため射撃の威力が低い。
  • ため射撃の弾の爆発の条件上、他の爆筒と比べ、爆風を当てるのが難しい。
  • ダッシュ連射含め射撃が殆ど単発のため手数、相殺力不足。

特徴

当てやすいが火力不足のため射撃と、火力のある連射。
奇跡やスキルでの強化が必須となってくる。


打撃はプレデターに次ぐ高ダメージだが、足が遅く打撃範囲が短いので積極的には狙えない。

ため射撃の拘束性能が高く、後述の「爆風かぶせ」テクニックを駆使することで、敵を長時間足止めすることが出来る。
非常に拘束性能が高いので「天使の降臨」では、火力が低いにもかかわらず天使キラーだったりする。

基本的な立ち回りとしては、ため射撃で敵との間合いをしっかり管理しつつ、機会があればダッシュ連射で敵を撃破していくものであり、敵を一撃で葬り去る高火力スタイルではないため、如何に敵を妨害し、こちらのペースで試合を運べるかが、天使の降臨では最重要となる。
kill数を積極的に稼げないので、味方に貢献するためにはむしろ自分のdead数を最小限に押さえたい。そのためには、防御スキルや回復・逃げ奇跡で生存時間を上げたいところ。

☆威力:神器の攻撃力をスキルなどで変化させていない状態で与えられるダメージの最少と最大。
★射程:神器の射程をスキルなどで変化させていない状態で出せる最大の飛距離。

連射

総じて高火力だが、当てづらいので追撃や闇打ち向きか。
立ち射撃で浮いた相手ならほぼ追撃確定、ただし追撃が遅いとダウン追い打ちになりダメージは落ちる。
その関係上、硬直の長いダッシュ射撃からダッシュ連射に繋げるのはすこしだけシビア。

立ち連射

☆威力6.2 ★射程30.6m

まずまずの威力で、連射速度も速い。
爆筒_レオ_立ち連射.jpg
▲はねすぎて外れることも・・・

前ダッシュ連射

☆威力31.0 ★射程33.4m
威力があり弾は速いが、単発で相殺力が低い。
吹っ飛び効果がついているため当てられるなら離れた場所から落下を狙って打つといい。
横ダッシュや後ろダッシュ連射より誘導性がある。

横ダッシュ連射

☆威力23.0 ★射程33.4m

射程は前ダッシュ連射と同じだが威力は低く、誘導も弱め。

後ろダッシュ連射

☆威力27.4 ★射程33.4m

基本的に性能は他のダッシュ連射と同じ。

ため射撃

獅子の咆哮のようなSEと共に、爆発する火球を発射する。

そこそこの威力を持つ弾本体が2回当たるため、合計威力はそこそこか…と思いきや、
爆風の威力が低すぎるため、威力は爆筒最低クラスだと考えていい。
威力は低いが、弾速・誘導・爆破範囲は優秀。
爆風の範囲と拘束力による足止め性能は高い。
爆風に当たった相手は、炎上が確実に発動する。
弾は一定時間経過か、2回敵に当たると爆発する。
照準は低めにしたほうが爆風が当たりやすくなる。

ため射撃

☆威力 弾:4.0~8.0×2 爆風:1.5+1.4+1.2+1.1+1.0+0.9+0.7+0.6+0.5(計8.9) ★射程26.0m

クリーンヒットで炎上抜きで17~25ダメージ程度。
爆風が当たればある程度拘束でき、ダッシュ連射での追撃もできる。
炎上の追加ダメージも含め、スキルの補強無しでもまずまずのダメージを期待できる。
しかし、それらの追加ダメージを含めなければ、ため射撃としては最低クラスの威力。
弾が爆発する距離を見定め、的確に爆風を当てていきたいところ。

減速弾なので、通路に置くことで進行妨害できたりする。
実用性は低いがクイックチャージなどでチャージ時間が早まっている場合、
平均弾速の差から、立ち射撃→ダッシュ射撃 とつなげることもタイミングがシビアながらも可能。
急速チャージ+クイックチャージの場合、立ち射撃→立ち射撃→立ち射撃→… という無限ループに持ち込むことも可。
爆筒_レオ_立ち射撃.jpg
▲ワンと鳴いてみろ!ガウ…ボッボボボボボ


前ダッシュため射撃

☆威力 弾:5.5~11.0×2 爆風:2.1+1.9+1.7+1.6+1.4+1.2+1.0+0.9+0.7(計12.5) ★射程28.0m

クリーンヒットで炎上抜きで約24~35ダメージ程度。
とはいえ、弾速が速く2度当たることはまれなので、せめて爆風だけはしっかり当てておきたい。
前ダッシュのみ爆発前の弾で吹っ飛ばせる。近距離の相手には使いづらい。

横ダッシュため射撃

☆威力 弾:4.5~9.0×2 爆風:1.8+1.6+1.5+1.3+1.2+1.0+0.9+0.7+0.6(計10.6) ★射程26.0m

クリーンヒットで炎上抜きで約20~28ダメージ程度。
前ダッシュ射撃よりは射撃を2ヒットさせやすい。
ただ、少し遅いので使いどころはよく見極める必要がある。

後ろダッシュため射撃

☆威力 弾:4.8~9.5×2 爆風:1.9+1.7+1.6+1.4+1.3+1.1+0.9+0.8+0.6(計11.3) ★射程26.0m

クリーンヒットで炎上抜きで21~30ダメージ程度。
前ダッシュ射撃よりも直撃させやすいので、実質的にこちらのほうが威力は上だと思っていい。
下がることにより炸裂する空間を通路に撒きやすい。
誘導性は非常に高く、ホーミング強化を使用することで超誘導させることもできる。
攻撃範囲内にいれば多少外れていても当たる。

打撃

威力は高いが動きの重い爆筒の性質上当て辛く、積極的に狙う必要はない。
コンボ打撃発動距離は5mジャスト、ダッシュ打撃だと1m程度伸びる。
打撃距離や移動距離はすべての爆筒共通であるが打撃を狙いにいく人は覚えておこう。

打撃コンボ

☆威力17.4、8.7、27.3 合計値53.4
威力は高いが巨塔並に出が遅い。
爆筒_レオ_コンボ打撃3.jpg
▲敵を十字の炎と共に打ち上げる獅子座グランドクロス

ダッシュ打撃

☆威力8.7*3、34.7
4段目の威力が高い。
攻撃判定としてのリーチは短いものの、打撃範囲5mに対しダッシュ打撃で10m移動する。
これは射爪に迫る突進力で、テクニックの項にあるコマンドダッシュ打撃を利用すれば当てるチャンスはグンと増える。

空中

地上戦よりも連射は速く、打撃も強い。
ため射撃は巻き込み性能は高いものの、火力不足である。
爆筒_レオ_空中2.jpg
▲海をも割る獅子の咆哮(ポセイドン様ご協力有難うございます)

シングル攻略


ため射撃よりも火力の高い連射中心ではある。
ただし、「ひとりで」では炎上がかなり高性能なので、100%炎上を広範囲にばら撒けるため射撃は雑魚一掃になかなか便利。
しっかり使い分けていこう。

テクニック

曲撃ち

相手の頭上にわざと照準を外して撃つこと。
うまく使えるとおわんなどの相殺しながら当ててくる戦法に強くなり、近くにいる相手にも弾を当てやすくなる。
特に後ろダッシュ射撃の誘導性は目を見張るものがあり、
誘導+3があれば反射板の向こうに隠れた相手にも曲撃ちでダメージを与えることができる。

曲撃ちメテオ

曲撃ちの応用版テクニック
誘導3などで誘導性を高めた後ろダッシュ射撃を相手のかなり上に向けて撃つテクニック。
相手を貫通するレオの射撃は非常に当てにくいが、角度をつけて上から攻撃することで
無理やり弾を地面にたたきつけ、爆風を発生させるテクニック。敵に回避されても有効。
敵がある程度遠くにいると角度がつかないため、地面にぶつけて発火というのは難しくなる
対近距離神器に対するレオの有効な防衛手段の一つ。

爆風かぶせ

相手を打ち上げた後の起き上がりや受け身の無敵時間に爆風をかぶせるテクニック。
爆風の範囲が広いので基本的に相手は動くことができなくなる。
厄介な相手を拘束する重要テクニック

壁撃ち

爆筒の基本テクの一つ「壁撃ち」
壁に射撃をぶつけて無理やり爆風を発動させる。
特にレオは時限起爆かつ敵に当たっても爆発しにくいタイプのため、
必須に近いテクニック

ジャンプ起爆

空中では地上よりも下にエイムが出来ることを利用して、ジャンプ中に床にぶつけて起爆するという、ほとんどの爆筒に共通のテクニック。
しかし、爆筒によってジャンプ起爆受け付け時間が違うため、実用的に使える爆筒とあまり有効に使えない爆筒がある。
レオは後者でジャンプ最高点からしか起爆出来ない上、爆風単体では威力も怯みも弱く、
場所によってはすぐに反撃できるため、対近接性能も微妙なところ。
ただ、ジャンプ起爆単体では使いづらくとも、その拘束時間を活かした様々なコンボが決まるため、攻撃的な使いかたをすると有効。
特にアイテム追撃、奇跡追撃はジャンプ起爆からしか入らないものも多い。

追撃

この神器はため射撃の拘束時間は非常に長く、その拘束時間中に様々な追撃が決まる。
もともとの火力は低いため、アタッカーになるなら追撃が出来て及第点。
撃ち上げからの多様な選択肢こそが爆筒レオのアイデンティティーともいえる。

連射で追撃

最もスタンダードな追撃。
最も威力の高い前ダッシュ連射での追撃が基本。当てやすく合計威力も高い。
この追撃を安定して決められるようになれば、爆筒最低火力から、爆筒トップクラスの火力神器に化ける。
連射とため射撃に威力が分散してしまうが、それを考慮してもロッカに次ぐ高火力。

ため射撃で追撃

チャージが早まっている時、立ち射撃から各種ため射撃に繋げることができる。
射程ギリギリなど使える場面は限られるが、そのあと再び追撃が入るので決まれば強力。
急速チャージを取った状態なら立ち射撃から立ち射撃に繋げることができ、無限お手玉が出来なくもない。

奇跡で追撃

撃ち上げ中に奇跡で追撃を行う。
当たり前のことながら防御積みに強い。
メジャーなところでは撃ち上げブラックホールで穴落としなど。
ジャンプ起爆からなら流星、自爆、人間ミサイル、暗闇なども入る。
流星は出が遅く、出現位置も遠いため引き撃ちからでないと厳しいが、威力は高いためねらう価値はある。

アイテムで追撃

ジャンプ起爆が前提になるが、アイテムでの追撃も可能。
爆弾、スマート爆弾、爆裂槍、裁きの雷等の即発動系のアイテムで追撃可能。
立ち射撃の爆風カス当たりなら浮かないということを利用して、キャプチャーサークルにはめることも出来なくもない。

味方と連携

これまたレオの十八番。
撃ち上げたところを仲間に追撃してもらう。
レオ側は撃ち上げるまでしか出来ないが、誘導が強い神器と共に行動すると決まりやすい。
連射神器やノーリアクション攻撃で追撃ができれば、レオの連射追撃も決まる。

対策

火力が高いのは打撃とダッシュ連射だが足が遅いため距離を保ち射程外から対応したい。
豪腕など離れるだけの射程がない神器なら一気に間合いを詰めてしまいたい、付かず離れずはレオの間合いなので強気になろう。
ため射撃による爆風での拘束は厄介、威力は低いとはいえ無防備なうちにダッシュ射撃を撃ち込まれてしまうと痛い。

戦術

如何に連射を当てるかが勝負の分かれ目。執拗なため射撃で相手を隅へ追い込んだり安全な位置から燻り出したりで流れを作ろう。
「ブラックホール」の奇跡は利点を活かす、欠点を埋めるの両面で好相性なため是非とも入れておきたい。

ダッシュ連射特化

ため射撃で動きを封じ、非常に威力の高いダッシュ連射で追撃を入れる戦法。
レオの特性でいえば最もベター。バトルロイヤルなど単独で稼がないといけない場合は基本的にこれ。
最大のダメージ源となる「ダッシュ連射+」は必須、ダッシュ連射で80ダメージ以上(確3以上)出せれば対ファイターは及第点。
他には「誘導+」「走行スタミナ+」があると心強い。張り付かれると厳しいが「ブラックホール」や「反射板」など迎撃力のある奇跡でカバー。

打撃特化

連射の火力がまだ認知されていなかった頃の案、とはいえ火力は高くやってみる価値はある部類。いわゆるロマン。
ため射撃を嫌って接近してきた相手を「スーパーアーマー」「カウンター」などの奇跡を駆使して返り討ちにする。
突進力のあるダッシュ打撃を確実に当てられるよう練習したい、「暗闇」や各種アイテムで足止めして追撃という手もあるか。
打撃関連以外のスキル候補としては発動系の物や回避系の物、あとはやはり「走行スタミナ+」あたりか。

サポート型

ため射撃をメインとし、相手の攻撃をカットしたり仲間に追撃してもらったりで稼いでもらう戦術。
この場合は安全な位置から撃ち込める「射程+」も候補。「ダッシュ射撃-」などで不要な物を削り安価な神器を目指しても良い。
もちろん仲間が押している時は自分もダッシュ連射で稼ぐ事。

  • 最終更新:2013-07-02 11:58:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード