射爪ラピッドヘッジホッグ


おドール解説文

ハリネズミをモチーフに作られたこの射爪は短気で落ち着きが無い。
チャージが速く連射弾は矢継ぎ早に高速射出される。
足も速い部類に入る。
ダッシュ連射の集束性が高い。
誘導性や攻撃力は低めのため、効果的にダメージを与えられる状況を作りたい。

入手方法

《自然王ナチュレの宝物庫》:もっているハート数が50000を超える→手に入る神器まとめ
《入手しやすい章》:21章

融合レシピ

神器性能

長所と短所

長所
  • 連射がとんでもなく速い。
  • 足が速い。
  • 射撃は全体的にヒットストップ・ノックバックが大きく、拘束性能が高い。
  • 連射による高い弾幕性能により相手の行動を制限できる(回避が暴発しやすくなる)。
短所
  • 攻撃力が低い。
  • 誘導性がほとんどない。
  • 射程もかなり短い

特徴

速い連射スピードと動きの早さを持ち、バランスがよく扱いやすい。
攻撃力が全体的に低く、手数で押すタイプのため、対戦で使うとするなら状態異常の奇跡で火力の底上げを図っていきたい。

連射

威力は低いが、弾数・連射間隔・収束性は射爪の中ではかなり優秀。
特に立ち連射は凄まじい攻撃回数なので、空蝉・気合ため・無傷強化に非常に強い。
また、立ち連射中の歩行速度も忍の破掌マグナの巨塔射爪オレパンチに次いで4番目。
ダッシュ連射は射爪にしては非常にばらけ辛く、離れていても全弾ヒットを狙いやすい。
また、ダッシュ連射はヒットストップ及びノックバックが非常に大きいので、かなり拘束性が高い。

連射

☆威力0.8 □弾数:240f/reload (2f/hit) ★射程23.8m
針を雨のように高速発射する。恐ろしいほど連続ヒットする。
弾数については攻略本準拠で60FPSで表記しているが、新パルテナの描画フレームは30FPS。
つまり、毎フレーム攻撃判定が出ていることになる。

前ダッシュ連射

☆威力3.5~7.0 ★射程30.0m
針を5連射。少し扇状に広がる。
ダッシュ連射はかなり拘束性能が高い。

横ダッシュ連射

☆威力3.5~7.0 ★射程30.0m
針を5連射。
少し扇状に広がるように撃つ。そのおかげで照準を動かさなければすべて収束する。

後ろダッシュ連射

☆威力3.5~7.0 ★射程30.0m
針を5連射。少し扇状に広がる。

ため射撃

威力は低いがチャージは早めなので、手数で押していくのが基本。
ため射撃はすべて距離によるダメージ変動がない。
また、他の射爪に比べてダウンをとりづらい。

ため射撃

☆威力16.4 ★射程28.0m
束ねた針を発射。
こちらもかなり拘束性能が高め。
急速チャージをとると先行入力立ち射撃でハメ殺すことができる。

前ダッシュため射撃

☆威力25.7 ★射程34.0m
素早く束ねた針を発射。
相手のダウンを奪える。

横ダッシュため射撃

☆威力19.2 ★射程32.0m
これも束ねた針を発射。
前ダッシュと違い相手をダウンさせず隙も小さいため追撃を狙いやすい。

後ろダッシュため射撃

☆威力22.1 ★射程32.0m
同じく束ねた針を発射。
 

打撃

打撃コンボ

☆威力(15.3-8.2-6.1-7.1-20.4) 合計値57.1
5回素早く打撃。

ダッシュ打撃

☆威力31.6~47.9
5mほどダッシュ。

空中

連射

☆威力3.9 ★射程71.4m

ため射撃

☆威力52.0 ★射程81.2m


シングル攻略

連射の速度はたぶん神器の中でも一番速く、射撃のランクが高ければかなり頼れる。
また、足もかなり速くなる上にバテにくいため、宝物庫の「○○分以内にクリア」が達成しやすい。
問題は攻撃力、射程、誘導性の低さをどうカバーするかになる。
連射中でも足は速いため、射撃があたる位置からカニ歩きしながら連射をし、敵の隙ができたら間合いをつめて打撃をいれる、といった感じ。
ため射撃のチャージもそれなりに早いため、状態異常も起こさせやすい。
ボス戦ではボスの小さな隙を突いてチクチクとダメージを入れていこう。

マルチ攻略

立ち連射型

ラピッドヘッジホッグの特徴である立ち連射を中心に強化した形
立ち連射のDPSは24と決して高くなく、特化フルヒットさせても220ダメージ与えるのに2秒強(142F)もかかってしまう。
全射撃中ダントツの手数で空蝉や気合いために非常に強く、状態異常にするチャンスがかなりありサポート立ち連としては非常に優秀。
何よりHIT音やアラートが煩わしく、回避暴発も誘いやすいので相手の凡ミスを誘いやすい。
対汚い神器においてはさすがにビームネイルには劣るが、その持前の歩行速度のおかげでかなり強気に出れる。
大抵の連射神器が死んでしまうオレパンチにも4位の立ち連歩行速度と手数の多さから、あまり苦手としない点も評価ポイント。
立ち連射の非力さから、立ち連射+や射撃☆による威力面や状態異常付加などによる立ち連射強化はほぼ必須。
立ち連射中は基本的に隙だらけなので、出来れば移動速度も強化して的を絞られにくくしたり、防御スキルで生存率を上げたい。

射撃型

連射、ため射撃を中心に戦う型
ほかの射撃射爪との差別点は、手数・弾速・チャージ時間、連射の収束性と歩行速度。
基本的に差別化に悩むことはないだろう。
歩行での移動を基本とし、たち射撃とダッシュ連射を主力に立ちまわる。立ち連射はサポートや奇跡剥がしに、ダッシュ射撃はとどめに使う。
火力は低いが機動力と拘束力が高いため、味方との連携も取りやすいのはほかの神器と大きく異なる利点。
打撃スキルを積むことで両刀にもできるので、火力不足を感じたら両刀気味にするのも大いにあり。

立ち連打撃型

コンボ打撃は特化することで220以上のダメージをたたき出せる。
奇跡剥がしが得意な連射や、拘束力の高い立ち射撃からコンボ打撃につなげる。
立ち連射→打撃のコンボはオレパンに次いで決めやすく、単純な奇跡剥がし能力はオレパンチをも凌駕する(立ち連歩行1,2の忍びとマグナは神器種のせいで打撃性能が悲惨)。
奇跡剥がしを目的とする立ち連射は劣化ビームネイルになりがちだが、移動速度と打撃ダメージで勝るため、単純な打撃性能としてはこちらが上。
状態異常付加も狙いたいところだが、やや価値圧迫が厳しいためちゃんと考えて入れるようにしよう。
特に麻痺にはナチュレの射爪という強力なライバルがいることを忘れてはならない。
また、立ち連打撃はいわゆる脳筋になりやすく、回避回り込みを狙われやすい。
脳筋な立ち回りをした場合、オレパンチには相殺という強力な武器があり打撃威力も負けているため、完全な下位互換になるということも覚えておこう。
ただ打撃を狙いに行くではなく、高機動と高いサポート性能で仲間を補助しつつ、隙を見て打撃を狙うという立ち回りを目指そう。

対策

射撃型

とにかく連射が脅威で、空蝉や気合いために頼った戦法は基本的に通じない
ダッシュ連射やため射撃も、見にくく速いためかわしづらい
距離を置こうにも素の移動速度が速いため、簡単に詰められてしまう

射撃型と言えど一発は非常に安いため、複数の攻撃を絡めるコンボを中心に戦うというスタイルなので
無理に自分の得意な戦いをするよりも、無理矢理力押しするのが有効
射爪故に射程も短いため、相殺神器で挑めばかなり楽に対処できる

打撃型

射爪だが意外と打撃力が弱い
そして打撃ホーミング範囲も狭いので誘導型ならば勝ちやすい
ただし、弾速が遅いと振り切られるので注意
打撃同士でも競り合いなら相手が軽いので大体の神器ならば押して勝てるだろう
しかし、高速で近寄ってくるので油断は禁物だ


  • 最終更新:2013-11-20 17:08:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード