ロッカの爆筒


おドール解説文

自然軍幹部、剛力のロッカの身体から削り取った爆筒。
素材自体は単なる岩石だがロッカの成分が加わることで、強固に接着される。
発射する岩は、破裂すると無数の石をバラまく。
破壊力、相殺力など利点が大きいが、弾速が遅めで、爆発範囲が小さい。

入手方法

《開放条件》:11章をクリアする→解禁まとめ
《入手しやすい章》:11章

融合レシピ


神器性能

長所と短所

長所
  • 連射の誘導性が高い
  • 全般的に威力が高め
短所
  • 連射の弾速・射出間隔・射程に難があり、かつ跳弾しない
  • ため射撃の弾の大きさ・爆風が小さい

特徴

剛力のロッカのイメージ通り、鈍重ながらもパワフルな特徴を持つ爆筒。
連射系は爆筒の中でも強い誘導と威力を持ち、打撃も岩石故かそこそこ高め。
ため射撃は威力十分だが、弾が小さく爆風が小さいなどデメリットもある。
接近戦・近距離戦が最も火力は出せるが、射爪や豪腕相手には流石に分が悪いか。
見た目が少し卑猥

連射

立ち連射

☆威力11.1 ★射程25.5m

大きめの岩石を射出する。3発でリロード。
誘導性は他より低め。

前ダッシュ連射

☆威力27.0 ★射程27.5m

岩石を2連射。加速する。
誘導性が高く、貫通し、ダウンも奪える。

横ダッシュ連射

☆威力18.0 ★射程25.4m

前ダッシュと似ているが威力が低い。

後ろダッシュ連射

☆威力27.0 ★射程26.2m

こちらは少し誘導性が低い。

ため射撃

熱を帯びた岩石を射出する。弾の大きさ・爆風が小さい。
誘導性は連射ほどではない。

立ち射撃

☆威力2.0+44.6~26.7 ★射程42.6m
当てやすさではダッシュ射撃に劣るが、隙が小さいというメリットがある。
状況に応じて使い分けたいところ。

「ジャンプ」系列の奇跡を利用することで、爆風の威力減衰が観測できる。
詳細は《爆筒EZランチャー》のページを参照のこと。
また、爆心から対象までの距離が非常に測りにくくはなるが、
照準を上に向けて射撃することでも同様の結果が得られる。

前ダッシュ射撃

☆威力2.0+ 64.7~38.8 ★射程50.4m

横ダッシュ射撃

☆威力2.0 + 55.2~33.1 ★射程47.2m

後ろダッシュ射撃

☆威力2.0 + 52.8~31.7 ★射程29.5m

転がすように発射。
爆風が他より大きく、長く残る。

打撃

打撃コンボ

☆威力18.2、9.1、28.6 合計値55.9

ダッシュ打撃

☆威力9.1*3、36.4 合計値63.7

空中

一撃の威力は高いが、強化されても射出速度・弾速が若干遅い。
また、連射とため射撃とで使い勝手が大きく異なる。

ステージの敵編成によって使い分けたいところ。
チャージは少し遅めなので注意。

連射

☆威力36.3 ★射程92.7m

高誘導・高威力なので、ある程度強化していれば雑魚は一発で落とせるが
射出間隔にネックがあり、素早い編隊や硬い相手混じりになると撃ち漏らすことがある。

ため射撃

☆威力8.5+93.6~ ★射程112.4m

爆発が地上戦よりも強化されているので、編隊を巻き込むのに有効となる。
反面、誘導性・弾速・弾の大きさに難があるため、長距離のターゲットを撃つときには先読みが必要となる。

シングル攻略

一撃が重いので比較的楽に敵を蹴散らしていける。
ため射撃の爆発の小ささや連射間隔の問題で、頭数が多いと少し難儀するが各個撃破で対応できる。
ボス戦も、すばしっこい相手には連射の誘導を使って狙え、
図体が大きいor遠い相手にはため射撃を当てていけるため悪くない。

戦術

溜め射撃の威力は高いが、誘導性が低く爆発の範囲も狭いので当てるのは難しい。
そのため溜め射撃は高い相殺力を生かして相手の射撃に被せるように撃っていくスタイルが基本となる。
あるいは、溜め射撃は当たったら儲けもの程度にばら撒いて、溜め射撃を囮として相手が回避した後の隙に
誘導性と相殺力の高いダッシュ連射を当てていくスタイルを採ることで堅実にダメージを与えられる。
ダッシュ連射を多用するスタイルならば、神器に走行スタミナのスキルを付けるなどしてスタミナを補っておきたい。
ダッシュ射撃中心の戦法を用いるならば、奇跡「見えない弾」「ホーミング強化」等を使用するとその威力を生かし易くなる。

  • 最終更新:2013-08-31 20:08:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード