ボスバトル攻略

ボスバトル

全章クリア後にプレイ可能になるモード。
最初は難易度EASYしか選べないが、クリア後に難易度NORMALと難易度HARDが選択可能になる。
それぞれの難易度はホンキ度でいうとEASYが3.0(強め)、NORMALが6.0(地獄級)、HARDが9.0(空前絶後!!!)となる。

ツインベロスから真・三種の神器まで(24章のマグナ&ガイナスとパルテナもどきを含む)の全ボス計26体と順番に戦う。ヤラレチャッタ時点で即終了であり、コンティニューはできない。
対戦舞台は一人用の時と同じくそれぞれのボス専用部屋にて戦う。

戦闘終了時の残り耐久力はそのまま次戦に引き継がれる。
休憩室ではアイテム「神のドリンク」が5個置いてある。それ以外で体力回復するなら奇跡「回復」装備が必要。
ボスバトルではどのタイミングで回復していくのかが、大きなポイントとなる。

対メデューサ戦は一人用9章と同じく空中戦のみ、対ピットの体戦ではこれまた一人用18章と同じくマグナを操作する事になる。
この2戦のみ奇跡を使用できないので、注意が必要である。

メデューサ、オーラムラーズ、パルテナもどき、真・三種の神器戦の後には、休憩室でごほうび神器がもらえる。
宝物庫パネルにある”ボス戦での各種条件(例:「狙杖インサイトでツインベロスを浄化する」等々)”は、このボスバトルモードで達成しても、有効とみなされる。

それぞれのボス攻略に関してはボス攻略を参考されたし。

心得

ボスバトルは26連戦となり、しかも回復の機会はたった5回しかないため、
高火力でゴリ押ししたり、なんやかんやで進めるかもといった気持ちでは、HARDクリアはおろか、EASYですら足元をすくわれる。

ストーリーモードとは勝手が大きく違うので、ボスバトル特化用の神器や奇跡を用意するように。
特にHARDでは、「ボスの攻撃力と耐久力が桁外れに高い」「ボスの動きが機敏で回避も誘導も高い」「状態異常の発生確率が非常に高い」等、苦しい戦いを強いられる。
従って、いかに攻撃を避け、コンスタントにダメージを与えるかが勝負になる。
気持ちとしては全ボスでノーダメージぐらいでいかないと、HARDクリアはまず不可能。
また、長期戦になりやすいため、攻撃のパターンをしっかり理解していないと危険。
奇跡の回数も回復しないため、計画的に使うように。

お勧めの神器・スキル・奇跡

神器

立ち射撃・立ち連射の威力・射程に優れた神器がお勧め。
EASYならばある程度ゴリ押しも通用するが、高難易度では何よりも回避が優先される。
その為、攻撃後の隙が少ない立ち射撃・すぐに攻撃を中断できる立ち連射のどちらかを主力にすることが望ましい。
近接時に厄介な攻撃を使うボスは多く、また距離を保つことで射撃を回避しやすくするためにも、30.0m以上は射程が欲しいところ。

スキル

付加スキルとしては「回避+」は何としても付けておきたいところ。
相手はボスなので、状態異常系(毒や石化等)スキルは不要。「オートダメージ」や「全防御-」などは論外。
「誘導性+」があればガイナス、アロン、パルテナ、女戦士パンドーラ、ハデスの心臓等でも役に立つ。
後は使う神器に合わせて「立ち連射+」や「立ち射撃+」で威力を補強しておきたい。
足が遅い神器なら「移動速度+」か「歩行速度+」は必須。
余裕があれば「全防御+」「ピンチ時回避+」「ピンチ時攻撃力アップ+」「無傷時強化+」も入れておこう。

奇跡

長期戦になり、画面切り替わりで展開中の奇跡の効果はすべて切れてしまうため、奇跡に頼った戦い方はごく限られる。
緊急時に役立つものや、苦手なボス相手に特化した組み合わせを重視すると良い。
しっかりカスタマイズした神器と回避テクニックがあれば、おドール化+α程度の構成で十分。

有効な奇跡

  • おドール化・打ち上げ花火・一瞬無敵
    1.5秒間無敵になるメリットは計り知れない。
    おまけに、奇跡のスペースも小さく回数も多い。
    使用回数・スペースは劣るが無敵時間の長めな一瞬無敵も有効。
    ブラックピット戦・オーラムラーズ戦・戦車の主戦・ハデスの心臓戦などで特に役立つ。

  • 最後の力・死んだふり+攻撃強化系の奇跡(クイックチャージ・気合ためなど)
    完全無敵になりつつ多大な火力で一気に削る戦法は、HARDでもほとんどのボスに通用する。

    最後の力は自由度が高くブロックの形もシンプルなため扱いやすい。
    耐久力をすべて消耗するリスクは、強敵の真・三種の神器戦まで温存すれば問題なし。
    神のドリンクを最後まで残せないと厳しいが……。

    死んだふりは動くことができないため、ある程度射程の長い神器でないと厳しい。
    最後の力と比較し、ノーリスクで最大2回まで使えるのが強みだが、スペースの消耗も大きい。

  • 回復
    神のドリンクを温存したい、でも小腹を満たす程度には回復したい、といった時に。
    ただし、高LVでないと回復効果+のスキルがあっても実用性のある回復量は得られない。
    回復中にボスを撃破したりゲートをくぐったりして次の場面へ切り替わると、回復も途切れてしまう。
    回復速度は遅く戦闘中は落ち着かないので、なるべく休憩所で使うようにしたい。

    参考までに、回復LV4なら通常でゲージの1/3程度、回復効果+4のスキル込みでゲージの1/2程度回復可能。

  • オート照準・オート弱点照準
    オート弱点照準はボスバトルではかなり有効。
    アロン戦や混沌の遣い&パルテナ戦等の攻略がグッと楽になる。

不要な奇跡


  • 行動系
    ダメージ軽減の効果はあるが扱いづらいので重要ではない。

  • 攻撃系
    動き回るボスが多いため当てづらく、ダメージも鍛えた神器に比べれば大したことはないので不要。
    一応、おドール化のように発動直後の無敵効果を利用できなくはない。

  • ダメージを喰らう前提のもの(スーパーアーマー・逆襲リーブラ・金鎧エアリーズなど)
    あまりにリスクが高く、完全無敵になれる最後の力や死んだふりに劣るため非推奨。
    スペース消費も総じて大きい。

  • 〇〇つけ系
    ボスに状態異常は効かないので意味がない。

  • アイテム系
    アイテムはないので意味はない。

  • 最終更新:2013-04-12 18:07:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード