バベルの巨塔

club_babel_top.jpg

おドール解説文

天の怒りを受けた塔をモチーフに創られた神器。
チャージにかかる時間は約5秒と神器の中では一番長い。
しかし巨大な砂塵は連続ヒットするため、当たり方によって攻撃力に差が出る。
近くの方が有利。
なおどの神器にも空中戦ではチャージ時間が短い。

入手方法

《自然王ナチュレの宝物庫》:ボスを25体浄化する→手に入る神器まとめ
《入手しやすい章》:19章

融合レシピ

神器性能

長所と短所

長所
  • ため射撃の威力が非常に高い

短所
  • ため時間が全神器中で最も長く、弾速も遅いので手数が最低クラス
  • 単発の威力は低いので、相殺力が上の弾を打ち消せない
  • 当て方によってヒット数が変わるので、火力が安定しない

特徴

ため射撃で巨大な竜巻を起こす巨塔。弾の見た目は巨塔鉱物の塊とかなり似ている。
単発のダメージは控えめだが驚くほど連続ヒットし、特に前ダッシュ射撃はうまく当たると絶大な破壊力。
その反面、ため時間が長く、弾速もそれほど速くないため、立ち回りが難しい。

連射

立ち連射

☆威力18.7 / 27.0

前ダッシュ連射

☆威力9.4 / 19.8

横ダッシュ連射

☆威力13.5

後ダッシュ連射

☆威力8.7 / 18.7

ため射撃

ダッシュ射撃は当たった相手を真上に吹き飛ばす。
距離が近すぎてもクリティカルにはならない。
打撃ダメージ9.4

以下の最大ヒット数、クリティカル距離は射撃場のモノアイに対してのもの。
的が小さい対戦では低めの値、巨大なボスに対しては高めの値になるだろう。
基本的に対戦では相手の少し上を狙って撃った方がヒット数が上がる。

立ち射撃

☆威力12.4(最大11Hit =136.4) ★射程91.8m (クリティカル距離8m付近)

白い弾の周りに風をまとった塊を発射する。
連続ヒットするが、相手との距離が遠いほどヒット数が落ちてしまう。
よって、近距離で打ち込んだほうが威力は高い。
弾の進行方向に吹き飛ばすので、スーパーアーマー状態の相手にはヒット数が落ちる。

前ダッシュ射撃

☆威力12.5(最大14Hit =175.0) ★射程81.6m (クリティカル距離10m付近)

巨大竜巻を発生させる。射程距離は90mでカス当たりするくらい。
ただし弾はとんでもなく遅い。80m付近で撃つと敵に届くまでに5秒のチャージが済んでしまうほどに遅い。 
ダウン後の起き上がり射撃ならチャージに関係なくこの技が使える。

横ダッシュ射撃

☆威力11.5(最大17Hit =195.5) ★射程57.1m (クリティカル距離10~20m)

前ダッシュ射撃と同じ巨大竜巻だが、1発あたりの威力が少し低くなっている代わりにヒット数が増えており、
クリーンヒットさせると大して星が付いていなくても300ダメージを越える超火力を有する。
クリーンヒットの距離は立ち・前ダッシュ射撃がピンポイントなのに対して範囲が広め。
もちろんチャージが遅いので自ら近づいて狙うのは危険。
敵に近づかれたときに切り札として。

後ダッシュ射撃

☆威力56.3 ★射程3.1m

巨大な竜巻を目の前に起こす。
連続ヒットはしないが時間により拡大していき、最終的には10mくらいまで届く。
巨塔鉱物の塊の後ダッシュ射撃と同じような見た目だが若干色が黄色い。
判定は見た目より長く、砂嵐が消えた後もカマイタチのようなものが半秒ほど残る。

打撃

当てられればそこそこダメージを与えられる。

コンボ打撃

☆威力
1段目35.4 2段目39.5 合計値74.9

ダッシュ打撃

☆威力28.1~62.4

空中

チャージ時間が短めになるとはいえ、長いことには変わらない。
時間内に倒す系のボスには非常に苦戦する。

ため射撃

☆威力126.6 ★射程128.5m

地上とは違い、連続ヒットしない。

シングル攻略

移動速度が遅く、チャージが遅く、隙が大きく、弾速が遅い、と巨塔の中でも特に扱いづらい性能を持つ。
大量のザコ敵を相手にする地上戦は他の巨塔よりもさらに苦手。
ため射撃の速度が非常に遅く、長時間残るので敵の配置を覚えて、置いておくように使うというのもあり。
ため射撃は連続ヒットする事で威力が非常に高く、相手の大きさによって連続ヒット回数が増減する。
特に巨大なボス戦では1回のため射撃で他の神器とは比較にならないほどのダメージを与え、ボスの瞬殺すら可能。
例えば、ホンキ度8.0程度のオーラム要塞リアクターは射撃★5.5で最後の力があれば1確できる。
威力の高さにロマンを求めるなら使ってみよう。

マルチ戦略

超誘導型

マルチ用戦術の超誘導型に同じ。
スキル「弾の誘導性+3」と奇跡『ホーミング強化』を組み合わせると、
前ダッシュ射撃、横ダッシュ射撃が鈍足で相手を追い回し続ける弾となる。
バベルの巨塔は超誘導型巨塔の中でも唯一連続ヒットして、累計での威力は最も高い。
しかし、チャージ、弾速が遅いため、相殺が高い神器相手であれば簡単に対処されてしまう。
超誘導型のバベルの巨塔を使う時は、『カベすり抜け弾』や『見えない弾』なども使用して、
相手に対処されにくいようにすると、凶悪なまでの活躍もできるようになる。

カウンター型

奇跡『カウンター』はチャージが溜まっていない状態でも立ち射撃で反撃できる。
バベルの巨塔は全神器中ため時間が最も長く、立ち射撃でも威力が非常に高いので、『カウンター』の効果を最大限に活かせる。
しかし、『カウンター』は相手の攻撃を受ける必要があるため、スキル「全防御+」「射撃防御+」「耐久力+」などや、
奇跡『金鎧エアリーズ』『スーパーアーマー』などをいくつか併用しなければ非常に危険。
十分な防御力、耐久力が確保できているなら、対戦相手の多数居る場所へ突っ込んで全て蹴散らすほどの活躍も可能になる。
攻撃を受ける都合上、『逆襲リーブラ』との相性もいい。まさに逆襲

後手必勝型

チャージが完了するのが最も遅いバベルの巨塔は上級者向けの神器だといえる。
その弱点を克服するのがこの型で、スキル「回避+」をつけて敵の攻撃を回避することでチャージが速くなる。
オススメは回避+3以上で、弾速が速い超誘導型を相手にしても、安全に回避でき、そのうえで立ち射撃を盾にできる。
打撃主体の神器も回り込み連発で奇跡を使われたり、逃げられない限り機能停止させることができる。
弾速が遅い衛星ホーミングアイ、相殺力の低い豪腕コンパクトなどは立ち射撃の高い相殺力で完封しやすい。
また、他に入れるべきスキルは上で紹介しているカウンター型と同じ「全防御+」や「射撃防御+」などである。
ただ、攻撃を回避できなかったときのための保険にしか過ぎないので奇跡は移動系や攻撃系などの方がよい。
隙を突かれないことを前提にした型なのでメインは立ち射撃だが、ダッシュ射撃も使うのなら「弾の相殺力+」もオススメ。
回避キャンセルもマスターしておきたい。

  • 最終更新:2013-07-22 17:45:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード