テクニック


地上

攻撃

コマンドダッシュ打撃

敵が近くにいなくても、コマンド入力によってダッシュ打撃を出すことができる。
ステップ・走行・走行反転中に、スライドパッドを反対に倒す→射撃ボタン
と素早く入力することによって可能。
コマンドダッシュ打撃をしたあとは、約2秒間のあいだコマンドダッシュ打撃ができない。
ふっとび中やダウン中のような、打撃カーソルが表示されない状態の相手にダッシュ打撃をヒットさせたいときなどに有効。
(例:豪腕ダッシュアッパーの後ろダッシュ射撃で高く飛んだ相手にコマンドダッシュ打撃で追撃 など)

狙杖のダッシュ打撃は打撃マーカー範囲5Mに対し打撃攻撃範囲が9M近くあるので、
狙杖でダッシュ打撃を狙う場合はこのテクニックを用いることでポテンシャルを最大限に生かすことができる。
また、豪腕の場合ダッシュ打撃後の隙がほとんど無いため、普通に走行するよりも
コマンドダッシュ打撃→走行→2秒後にコマンドダッシュ打撃→走行、とコマンドダッシュ打撃を挟みながら走行した方が早い。

回り込みホーミング打撃

敵の近くで事前にスライドパッドを横などに入れておき、硬直が切れるときにLを押すと、ぐるっと回りながらホーミング打撃を行う。
打撃コンボの途中や走行からのブレーキ、アイテム使用の硬直など様々なところから行える。
照準の位置によっては立ち状態から勝手に発生することがある。

アイテム持ち攻撃

アイテムを持ちながら攻撃する方法がある。
  • 射撃しながらアイテムを拾うと、射撃ボタンを離さない限り、アイテムを持ったままでも連射し続けることができる。
  • 空中にいる間はアイテムを持っていても射撃を行う。(ジャンプ台やジャンプ系の奇跡を使うのもアリ)
  • グラインドレール使用時は、普通に攻撃可能(ダッシュはできないので、ダッシュ系攻撃は使用不可)
  • コマンドダッシュ打撃は、アイテムを持っていてもできる。
  • 起き上がり射撃は、アイテムを持っていてもできる。
  • 上記の方法で攻撃中に射撃ボタンを押しっぱなしにしていれば、行動終了後に連射ができる。

近距離溜め射撃

通常なら打撃が発動する範囲でも、キャラクターが相手に対して正面以外の方向を向いていれば、各種溜め射撃をすることができる。
チャージがたまっていなければ立ち連射以外は可能。立ち連射は打撃が発動してしまう。
これを利用すれば、コマンドダッシュ打撃が発動しないようにスティックを横や斜め後方などに倒し、
すかさず前方向にダッシュ射撃入力をすることで、たとえ打撃範囲内に敵がいても、その場で前ダッシュ打撃を繰り出すことができる。
また、ダッシュブレーキ中は打撃範囲内でもダッシュ連射、ダッシュ溜め射撃が可能であり、前横後ろどの方向でも可能。

[撃剣アクエリアス]で打撃氷結させた直後など、超至近距離で射撃を撃つ必要がある場面で必須のテクニック。

先行入力立ち射撃

奇跡「クイックチャージ」やアイテム「急速チャージ」でチャージ速度が一定以上に達したときにのみ使えるテクニック。
普通、立ち射撃後に攻撃ボタンを押しっぱなしにすると、そのまま立ち連射が出てしまうが、
立ち射撃した後に一瞬攻撃ボタンから指を放し、再び攻撃ボタンを押し続けることで、
立ち連射が出ずに立ち射撃が先行入力され、チャージされると同時に立ち射撃されるというテクニック。

後進横/前ダッシュ射撃・前進横ダッシュ射撃

通常、スライドパッドを後ろに倒してから射撃をすれば後ろダッシュ射撃が出、前に倒してから射撃をすれば前ダッシュ射撃が出るが、
カメラ・自キャラ・相手が大体一直線上に位置していてなおかつ自キャラが相手に密着している状態の場合は、自分が向いている方向にダッシュ射撃の種類が変わる。
例えば相手と密着した状態で自キャラを敵に対して背中を向ける形にし、スライドパッドを後ろに倒して射撃すると、後ろに下がりながら前ダッシュ射撃を出す。
横を向いている状態でスライドパッドを後ろに倒して射撃すると、後ろに下がりながら横ダッシュ射撃を出す。
前進しながらの後ろダッシュ射撃はできない。

クイックリロード

立ち連射では通常攻撃ボタンを押しっぱなしで連射、リロードを自動で行うが
リロードになる時に攻撃ボタンを離していると次の連射までの間隔が押しっぱなしの時よりも短くなる。
攻撃ボタンを離すのは一瞬ではなくほんのすこし間を空けるのがコツ。連射の弾数が少ない弓などでやるとわかりやすい。

ボタン連打連射

  • 全ての神器でできるテクニック。
    一部の神器を除き、歩行しながらの連射は移動速度が落ちるが、射撃ボタンを連打して連射した場合は、速度が殆ど落ちない。
    豪腕アイアンボマーのような、連射中は極端に歩行速度が落ちる神器が使用すると恩恵が大きい。
    また、撃剣と射爪は連射を中断しながら撃つことでリロードまでのヒット数が増加する。

  • 巨塔専用のテクニック。
    巨塔の連射をボタン連打で行うと、モーションの後半がキャンセルされるため、ただ射撃ボタンを押しっぱなしで連射するよりも、手数が増える。
    空中戦で重宝する。

ヒットストップずらし

打撃のヒットストップ中に、攻撃側はスライドパッドを倒すことによって、キャラクターの位置を倒した方向へ僅かにずらすことができる。
神弓のダッシュ打撃中に行うとわかりやすい。

ディレイ打撃コンボ

打撃の一段目を出した後にボタンを押すことで打撃コンボになるが、この受付時間は地上だとものすごく長い。
一呼吸置いた後に押しても成立するし、ニュートラル姿勢に戻ってもまだ受け付けている。
さらには一段目→立ち射撃→二段目→立ち連射→三段目・・・と、別の動作を挟んでも成立する。
ただずらしても相手に逃げられたり追撃がカス当たりしたりと基本的に役には立たないが、
打撃中アーマーという今作の仕様を活かし相殺した際にわざとずらしてこちらの打撃を通したりすることはできる。
18章ではイカロスマッチョの投げを打撃コンボを長引かせて回避することができるためなかなか使える。
ちなみに、立ち連射は打撃でキャンセルすることができるようだ。

コンボ打撃一段目連打

上記にもあるように、打撃コンボの受付時間の長さは驚異的である。
だが、一段目を出した後すぐ回り込みをし、もう一度打撃をすると、コンボの受付がリセットされてすぐに一段目を出すことができる。
闇雲に打撃を繰り返すよりグッと生存率が上がる。
神器によってはふっとばしが発生してしまう場合がある、豪腕の一段目はふっとばしが発生しないために一段目連打で攻めるのも有効

回避

回避

ステップまたは走行反転を行ってから、「回避受付時間内」に、「敵の攻撃が回避発動範囲内ある」と、「回避」が発動し、一定時間無敵になる。
回避受付時間の長さは、ステップを使用するたびに減っていき、時間経過とともに回復していく。
発動範囲は、ステップ・走行反転開始直後が最も大きく、次第に小さくなっていく。

回避をすると、溜め射撃のチャージが僅かに溜まる。

回り込み

相手から一定の距離以内(射撃場でいう10mくらい)で、
敵の打撃攻撃を横回避するか、下画面をタッチして敵にある程度照準を合わせた状態でスライドパッドを横に弾くと、
敵を中心として弧を描いて移動する「回り込み」が発動する。
回り込み中も回避と同じく無敵になる。

回り込みではスタミナを消耗しない。

回避キャンセルダッシュ射撃/打撃

回避直後(「回り込み」では不可)に射撃ボタンを押すと、回避をキャンセルしてダッシュ射撃/打撃を行うことができる。攻撃中でも無敵時間は継続される。
キャンセル受付時間はかなり短く、スライドパッドを倒すのとほぼ同時に射撃ボタンを押すようにしなければ成功しない。
失敗した場合、回避になってくれれば良いが、ダッシュ攻撃が出てしまうと、もろにダメージを受けることに。

ふっ飛び・ダウン・受け身

ダウン短縮

ダウン中に下画面を何度もタッチすることで、起き上がるまでの時間を短縮することができる。
照準移動のボタンを連打しても発動するが効かない事もしばしばある

起き上がり射撃

ダウン中に射撃ボタンを押すと、起き上がりながら溜め射撃を放つ。
この溜め射撃はチャージを消費せず、また、溜まっていなくても可能。
無敵がつくが、普通の起き上がりと比べると、その時間は短い。
ちなみに、このときに放つ射撃は前ダッシュ射撃扱いとなる。

受け身

強い攻撃を受けるなどしてキャラが宙に吹っ飛んだ後、何も入力せず着地するとキャラがダウン状態になるが、着地寸前に射撃ボタンを押すか下画面をタッチするとキャラが受け身をとり、すぐ行動可能になる(神器にスキル「オート受け身」がついていると自動でやってくれる)。
受け身後しばらくは無敵状態になる。

歩き・ステップ・走行

ステステ

【ステップ→ステップの終わり際に再度ステップ】
を繰り返すだけのテクニック。
狙杖はステステの方が普通に走るよりも速く、バテにくい。

ステップ歩き

一部の神器(狙杖や爆筒など)は、ステップの後半を歩行でキャンセルすると、歩行にステップの勢いが乗る。
操作方法は、
【スティック弾き→スティックをニュートラルに戻す→スティックを緩く倒す】

滑る勢いは神器種によって差がある。
歩行速度が上がっている状態(歩行速度+のスキルなど)でこれを行うと滑る勢いが増し、移動に役立つ。氷上でやっても滑る勢いが増す。


衛星の場合、ステップ方向に対して横方向にキャンセルすると、進行方向でキャンセルする場合よりも勢い良く滑っていく。
ちなみに衛星の連射を出す前に横ステップでキャンセルしても同じ行動がとれる。これにより横ステップが連打できる。射撃はキャンセルできないので注意

その他

空中行動

地上戦や「みんなで」では奇跡「ジャンプ」やジャンプ台を踏んだり、台から落ちたりするとピットやファイターが一時的に空中で行動することになる。
しかし、空中ではステップ・ダッシュや一旦停止する必要のある動作が行えないため、回避や一部の奇跡とすべてのアイテムの使用ができない。
自動回避や空蝉のような特殊条件で発動する自己強化アイテム、奇跡も発動しない。
逆に言えば空中でも立ち連射や立ち射撃、及び波動ビームのような立ち射撃モーションの奇跡、自己強化奇跡の使用ができる。
空中ではダッシュ行動はできないが、微妙に位置調整をすることはできる。
また、地上では上下方向へのエイムはある程度まで行くと制限がかかり画面いっぱいにエイムを下げることができないが、
空中では下方向への制限が外れ画面いっぱいいっぱいまでエイムを下げることができるため、下方向への攻撃も容易。上方向のエイムは据え置き。

レバガチャ

3DSのスライドパッドを何回も弾くこと。ボワンや落とし穴に捕まった際に有効。
一応、石化や氷結状態を早く治すこともできるが、効果は薄い。奇跡で回復できないときに使うとよい。

空中

攻撃

打撃1段目連打

地上では1段目の打撃が当たってから2段目の打撃ボタンを受け付けるまでの時間が長いが、空中だと短い。
これを利用して少し間を空けてボタンを押すことで1段目の打撃を連続して出すことができる。
1段目の攻撃力が1番高い豪腕などで使える。

その他

跳弾

滑空姿勢中に敵の弾をかすめると、「跳弾」が発生し、ピットの身体が一瞬光り、スペシャルアタックのゲージが打撃一回分程度回復する。
跳弾した弾は軌道が変わるが、反射とは違って画面奥には飛んで行かず、手前へ流れていく。
簡単なやり方は、速度の速い神器で敵の弾がピットの目の前まで来た時に横に移動するといい、ホンキ度はだいたい7近くがオススメ。

  • 最終更新:2016-05-06 17:44:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード