キャノン衛星


おドール解説文

無骨な砲台を2つ浮かせ、鋼鉄の弾を放つ衛星。
シンプルな機構の割に高威力でもし弾に直撃したら骨まで砕かれてしまう。
質量があり頑丈であり、射撃も打撃も衛星中トップの破壊力。
ただし、弾は一切誘導しない。
連射中の歩行が極端に遅くなる。

入手方法

《開放条件》:【25章】15分以内にクリア→解禁まとめ
《入手しやすい章》:9章

融合レシピ


神器性能

長所と短所

長所
  • 衛星の中でも射程が比較的長い(連射が40m台、一番長い溜め前ダッシュ攻撃で68.2m)
  • 攻撃力が高い
  • 溜め射撃の弾速が早い

短所
  • 弾がほとんどホーミングしない
  • 連射しながらの移動速度が遅い

特徴

衛星と名前こそ付いているが弾が速く、威力が高いがホーミングしないという中距離版の狙杖に近い神器。
撃った弾は地面や壁で反射して軌道が変わる。
一部ため射撃は山なりの弾道を描くため、射角が地面とほぼ平行であれば、地面を転がるように弾が飛んでいく。
通常射撃は近いほうが威力が高くなり、ため射撃は距離で威力が変わらない特性がある。

通常連射時は発射数が多く弾幕が張れる反面、驚異的なまでに歩行速度が遅くなるという弱点を持つ。

連射

連射の弾速はすべて速い。
特に後ろダッシュ連射は着弾までほぼ一瞬。

連射

☆威力4.8~6.8 ★射程40.0m
最大16発の弾を照準に向かって飛ばす。ホーミングはしない。
何といってもこの状態での歩きの遅さが(悪い意味で)特徴的。
連打しながら歩くと連射速度が遅くなる代わりにある程度足の遅さが改善される。

前ダッシュ連射

☆威力9.0 ★射程47.0m
4発の弾を照準に向かって素早く発射する。
なかなかに弾速は速め。カス当たりするとかなり安いのでできるなら全段当てたい所。

横ダッシュ連射

☆威力6.3 ★射程44.0m
6発の弾を発射する。わずかだがホーミングする。
弾数が多いおかげで敵への妨害には役に立つ。トドメには立ち連射よりこちらが使いやすいかもしれない。

後ろダッシュ連射

☆威力10.8 ★射程45.0m
下がりながら6発の弾を照準に向かって発射する。
射程の長さと弾数の多さで、追いかける相手を妨げやすい。

ため射撃

2発同時に発射する、距離によっての威力の変化が無く、ホーミングはしない。
放物線を描いて飛び、地面か壁に浅くぶつかると跳ね返る。
デコボコな地面に触れさせてしまうとどこに飛んでいくか予測が難しい。
重力のかかり具合や弾速は発射方法により異なる。
衛星プチと比べると、後ろダッシュ射撃以外の相殺力が1高い。
二発同時発射という性質と相まって、相殺力を生かした戦い方ができる。

弾の見た目はかなり小さいが(特に後ろダッシュ射撃)、当たり判定は弾の周りにある赤い風切りエフェクトにある。

ため射撃

☆威力22.7 ★射程56.5m
照準に向かって2発発射する。威力は低いがチャージは速い。
ため射撃の中で最も強く曲がり、弾速は遅め。高い足場にいる相手にも当てることができる。

余談だが、射撃の★が5つで立ち射撃の弾一発あたりのダメージが55.5になるため、
4発当てると無強化ファイターの耐久値222ジャストとなる。

前ダッシュため射撃

☆威力35.9 ★射程68.2m
立ちため射撃よりも早く、威力の高い弾(立ち射撃の1.5倍ほど)の弾を撃つ。
二つともヒットすればダメージはかなりのもの。
この神器で最も長い射程を持つ。

横ダッシュため射撃

☆威力28.4 ★射程62.1m
前ダッシュため射撃ほどではないものの威力の高い弾を撃つ。
弾がホーミングしてくれないので避けて撃つには使いづらい。

後ろダッシュため射撃

☆威力33.6 ★射程60.0m
キャノンのアイデンティティ。
撃ち始めが遅いものの、前ダッシュため射撃とほぼ変わらない威力の弾を撃つ。
弾速が最も早く、この攻撃のみ照準に向かいまっすぐ飛び、壁に正面からぶつかっても跳ね返る。
なので閉所に強く、撃った弾がより長い時間盾の役割を果たしたり、予想外の方向からの奇襲になったりする。
むしろ、跳弾による奇襲をうまく使いこなせるかどうかがこの神器の肝だろう。
貫通力もあるので、狭い場所に集まっている敵をまとめてふっ飛ばすことも。
衛星プチと比べるとこちらは相殺力が1低い。が、耐久力は同等なので、相殺はしやすい。
対戦ではファイターを真上にふっ飛ばし、ダウンさせる。

見た目は小さいが当たり判定はかなり大きめ。
二つを並べた時の大きさはシャイニングオーブの弾が一番拡大した時よりもさらに大きいため、どちらか一方に当てるのはさほど難しくない。
とはいっても二つ同時に充てるのは狙杖インサイトなみに難しいので注意。

打撃

打撃コンボ

☆威力21.0、10.5、21.0 合計値52.5
3発コンボ。衛星の中では威力が高いが、コンボが遅いので無理に狙う必要はない。

ダッシュ打撃

☆威力60.0
打撃コンボより威力が高いが、射撃能力を考えるとこちらも無理に狙う必要はない。

空中

連射

☆威力18.1 ★射程112.0m
そこそこの射程と連射力があるが、意外なほど威力が低い。
弾が敵を全く追尾しないので、正確に狙い撃つ技量も必要となる。
なお、打ちながら移動しても地上のように極端な鈍化はしない。

ため射撃

☆威力45.1 ★射程135.8m
威力、判定共に申し分ないが、チャージにやや時間がかかるため、敵の数が多いところで圧され気味に。
スペシャルアタックを上手く使って切り抜けよう。

打撃コンボ

☆威力58.8、29.4、58.8 合計値147.0
あまり高い数値とはいえないが、一応ダメージらしいダメージは与えられる。

シングル攻略

シングルでは使いやすい部類に入る。
キャノン衛星の欠点は、「誘導しないこと」と「歩き連射が遅いこと」である。
しかし、その2つの点は大きな欠点とはならない。
空中戦においては射程の長さがあるのでそこそこ使いやすい。
ただし、連射の威力は低めで、若干圧され気味になりがち。
誘導しないが、照準をちゃんと合わせれば当てにくいということはない。
連射とため射撃とスペシャルアタックをうまく使い分けて切り抜けよう。
地上戦においては、敵には回避をせずに、決まった動きをするものや、動かないものが多いので、
敵の動くタイミングに合わせて撃てば、ため射撃の2つの弾が当たりやすい。
2つ当たる分、威力がかなり高いので、当てれば敵をどんどん倒すことが出来る。
一番威力の高い、前ダッシュ射撃を多用するといい。
歩き連射はこの神器に限らず、基本使用しないので気にならない。

ボスバトルにもこの神器は有効。
ボスは全体的に大きいものが多く、ため射撃の2つの弾が当たりやすい。
うまく相手の攻撃を回避しながらため射撃を当てていこう。

戦術

後ろダッシュ射撃は狙杖のような使い方が可能で、射程によるダメージの変動もなく(カス当たりは起きるが)射程内では使い勝手が良い。
ただ、普通に狙って撃っているだけだと杖のほうが使い勝手が上になることが多い。
なので、跳弾を活かした戦法や立ち回りをするとよい。
壁・床・天井にわざと当てて相手にぶつけるのはそう簡単にできるようなものではないが、
できるようになった時の対応力は凄まじい。
エイム能力はもちろん必要なので狙杖に慣れてからこの神器を使ったほうがいいかもしれない。
連射弾はすべて速めなので空蝉にもやや強い。
いっそのこと連射主体にする戦法もあり。

衛星の中ではガーディアンズに次いで二番目に相殺力が高いと言える。相殺力を活かした中距離の戦いは得意である。

スキル

ダッシュ射撃+,立ち射撃+
前・後ろダッシュ射撃1確まで火力を上げるのは難しくない。カス当たりでも2確。
立ち射撃は強化してもスキル単体では1確にならない。星と相談して調整しよう。

射程+

主に狙撃できる範囲を増やすのが目的。
ただし射程を伸ばした分の重力の影響も予測して狙いを付けなければならず、ダッシュ射撃で行うことから狙撃の難易度は高い。
平坦な地形が長く続く所では弾を地面に這わせて攻撃するのも面白くなる。

弾の相殺力+

相殺力をさらに強化する。相手の神器により細かく異なるが、特に戦いやすくなる相手は、巨塔と衛星。
衛星は連射系で射撃を防ぐことが、巨塔はダッシュ射撃を射撃で片方貫通させることができるようになる。
他には、相殺オレパンにも射撃が通るようになるなど、恩恵は少なくない。
ただし豪腕や狙杖相手は強化しても相殺で勝負するのは難しいことが多い。

奇跡


対策

射撃に誘導が無いという性質上、素早く動きまわる神器に総じて弱い。
また射程や弾速は一般的な狙杖には劣るため、遠距離戦を狙うのも手。
射程内で不用意にダッシュ射撃などをしてしまうと、弾を相殺された上でこちらの隙を突かれることになりかねない。
溜めのタイミングを見計らって、安全な時に間合いを詰めよう。

  • 最終更新:2013-02-02 23:10:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード