オーラムの衛星


おドール解説文

オーラムテクノロジーで作られている衛星。
オーラム軍のポル、ジョクなどの構成体を組み合わせている。
連射弾は細いレーザーを瞬発的に発射し続ける。
弾さえ届けば避ける余裕もなくヒットするので、特定の条件下において、かなり頼れる神器となる。

入手方法

《開放条件》:【16章】射爪でクリア→解禁まとめ
《入手しやすい章》:16章

融合レシピ


神器性能

長所と短所

長所
  • 連射弾の弾速が非常に速い。発射と同時に着弾していると言っても過言ではない。
  • チャージ時間が妖精の衛星と並んで2タイの早さ(1位はマグナの巨塔)
  • ため射撃の威力が非常に高い。
  • 全射撃が敵を貫通する。
短所
  • ため射撃の誘導、弾速、弾の大きさ、相殺力が低く素の状態ではかなり当てづらい。
  • チャージ時間が非常に早いため、とっさに連射を使えない。
  • 連射は完全なノーリアクション攻撃なのでカウンターをもらいやすい。
  • 連射の攻撃力は特殊な増加の仕方をしていて、特定の射程距離に収めないと火力を発揮しきれない。

特徴

連射で射出するレーザーが特徴的な衛星。
どんな場面においても便利な射撃であるが特に空中戦ではかなりの殲滅力を誇り、威力さえ充分なら次々と敵を出落ちさせていく。
その凄まじいまでの弾速はほとんど回避が不可能で対人戦でも凶悪。
非常に当てやすい割には火力も並み以上あるため瞬発火力は凄まじいものがある。
ただし、連射は2F目からしか威力上昇が起こらないため、20mよりも距離をとって戦う必要がある。
また、連射は一切の怯み、ヒットストップを持たない上に、衛星という神器種のためダッシュ連射は隙が大きく、
挙句に弾が小さいために相殺も不得意で、反撃を食らってそのままお陀仏…なんてことになりやすく「ヤラレる前にヤレ」を体現するような神器。

ため射撃は衛星の中でもやたら火力が高いのも特徴の一つ。
チャージ時間も異常に早いため射撃弾幕でゴリゴリなんて戦法もできるが、ため射撃は威力とチャージ時間以外はさまざまな欠点が目立ち衛星としては非常に当てづらく、主力に持っていくにはかなり厳しめな性能となっている。
クイックチャージを使用するとため射撃の硬直時間の間にチャージが終わるため、ため射撃を恐ろしい速度で連射出来る。
チャージ時間の異常なまでの早さも連射とのバランス調整のためか。
しかし、凄まじい火力はやはり魅力なので敵が隙を見せたのなら積極的に打ち込みたい。ピシュゥーン!



連射

緑色のレーザーを連続で発射する。
とてつもない弾速なので、相手と中距離を保ってさえいれば凶悪な武器になる。
発射直後から誘導を開始するため、多少照準から外れていても勝手に相手を追って当たってくれる。
非常に当てやすいが反撃を受けやすいため、奇跡やスキルで防御面を強化しておきたい。

連射はすべて威力増大弾だが1F目は威力据え置き、2F目から威力が急激に増加し始めるという特殊な威力増加の仕方をする。
この神器の連射の弾速は大体20m/Fぐらいなので、20m以上離れて立ち回らないと若干威力不足になりがち。

ちょっとした豆知識になるが、連射の場合1F目の射程=弾速=射撃の出現位置のため1F目の射程は絶対に短くならない。
そのため、射程-をつけてもこの神器の連射の射程は素の射程とほとんど変わらない、と射程のデメリットはほとんどない。
が、2F目の威力増加が完全になくなるので攻撃力は大幅に落ちてしまう。

連射

☆威力2.9~3.6 ★射程25.3m
12連射。威力もそこそこあり凄まじい攻撃力を誇る。
空蝉や気合ためにも強い。
弾速は20.8m/F

前ダッシュ連射

☆威力3.7~4.6 ★射程32.7m
6連射。他の連射に比べ射程が長いのでやや遠めの位置から攻撃するときに使う。
弾速は25.0m/F

横ダッシュ連射

☆威力2.9~3.6 ★射程29.0m
横移動しながらの6連射。
移動距離がなかなか優秀なので中距離では積極的に使っていっていいだろう。
弾速は22.0m/F

後ろダッシュ連射

☆威力4.5~5.7 ★射程29.0m
下がりながら6連射。実は前ダッシュ連射より高威力。
弾速は横ダッシュ連射と同じく22.0m/F
連射の中ではこれのみ蓄積ダウンが取れる(約1セット命中でダウン)。敵の足止めなどに。

ため射撃

オーラムの衛星の一番の特徴といってもいいため射撃。他の衛星と同じく同時に2発発射する。
とにかくチャージ速度が物凄く早いので、ガンガン使っていっていいだろう。

ため射撃

☆威力15.2~22.5 ★射程37.1m
隙の少なさ、チャージ速度ともに優秀。

前ダッシュため射撃

☆威力24.1~35.6 ★射程44.8m
射程距離、威力がほしいときに。

横ダッシュため射撃

☆威力18.8~28.1 ★射程40.7m
ゆるやかにだがホーミングする。
横ダッシュ連射同様移動距離も優秀。

後ろダッシュため射撃

☆威力36.3~54.4 ★射程13.6m
威力がほかのため射撃と比べると非常に高い…のだが、弾速が非常に遅く射程もないので狙って当てるのは難しい。
どちらかというと相殺力を活かした壁としての用途になるだろう。

打撃

打撃コンボ

☆威力13.6、6.8、13.6の3段 合計値34.0
射程も威力もお察しくださいといったところ。接近されて応戦するときに使う程度。

ダッシュ打撃

☆威力38.8
こちらも威力は低い。使う機会はあまりないだろう。

空中

空中戦は特別堅い敵が出てこない限り連射メインで戦おう。
連射は特徴の項にもある通り、火力があれば敵を次々と浄化していける。
照準を重ねるだけで敵が蒸発していくのは爽快だぞ!どうだ!爽快だぞ!

シングル攻略

空中では非常に優秀な連射力で無双できる。地上ではチャージ速度を活かしたため射撃が優秀で、特に数でゴリ推ししてくるようなステージには強い。
反面、地上戦でのため射撃の火力はそこまで高いわけではないので、ナスビ等硬い敵が多いステージは倒すのに時間がかかりがち。
射撃中心で戦えるステージならなかなか頼りになる神器なので、攻略用に持っていて損は無いだろう。

戦術

それぞれの射撃はどれも違った強みを持つ。
どれに特化してもハズレはないだろう。

ダッシュ射撃型

この神器のダッシュ射撃は当てづらいが威力はバツグンであり
最も威力の高い前ダッシュ射撃2ヒットならば、射撃★3.5と(前)ダッシュ射撃+4で
無強化ファイターを確定1発にできるダメージをたたき出す。
しかしそれは射程ギリギリ最高火力で当てた場合の話である。
確1にできる距離を増やしたければ★はあればあるほど良いだろう。
また、優秀な削り能力を持つ立ち連射・ダッシュ連射の火力も上がるので、
倒しきれなかった相手の処理や、近距離での応戦などにメリットがある。

この場合のスキルはダッシュ射撃+4は必須、
他には弾の誘導性が有力。当てづらさをカバーしてくれるだろう。
射程スキルもいいが近距離で確1にできない距離が増えるため付けないのもアリである。

奇跡は空蝉やテレポートなどの汎用奇跡の他には、
元のチャージ速度と相まって手数が飛躍的に伸びるクイックチャージや
弾を回避しづらくする見えない弾などが有力。
また、当てやすい射撃を多く持つので、状態異常との相性も良い。
特に氷結は、持ち前のチャージの早さもあり、氷結後にダッシュ射撃を当てることも可能である。
他には壁すり抜け弾も驚異的ではあるが、ホーミング性能が弱いため
相手の位置がわからない時に撃ってもまったく当たらないことも多い。

ダッシュ連射型

銃口補正付き・超速・6連射。破掌もビックリの性能を持つダッシュ連射。
非常に当てやすく削り性能が高いのが特徴だが、火力は残念ながらかなり低め。
これをメインに戦う場合、短い射程を補うために射程・移動系スキルがぜひとも欲しい。逆に誘導性は恩恵を感じにくいだろう。
また、隙の大きいダッシュ連射を何度も撃つことになるため、射撃防御スキルなどもあると頼もしいだろう。

立ち連射型

ダッシュ連射と同じく銃口補正付き・超速の優秀な連射。
立ち連射で名高いコンパクトと比較すると、射程こそ大きく劣るもののそれ以外の性能は互角以上。
一発の威力はこちらが上で、遠いほど威力が上がるタイプのため高威力で当てやすい。
また発射直後に着弾する弾速と極細の弾の見えづらさにより回避スキル持ちを事故らせやすいため、
空蝉・気合剥ぎ性能もトップクラスである。

この型の必須スキルは立ち連射と射程。できれば歩行スキルも欲しいところ。
さらに詰め込みたい場合は回避がなかなかオススメ。あまりダッシュしない型は回避を使いやすく相性がよい。
回避に自信がなければ防御系スキルを入れたり、無傷時強化を入れてスピードと火力の底上げを図るのもいいだろう。
また、相殺力スキルをつけることにより相殺力が3となり、相殺力スキルの無い衛星のダッシュ射撃、忍の立ち射撃などを消す事ができるように。
いわゆる汚い忍者に対抗しやすい神器なので採用する価値は充分にある。忍のダッシュ射撃は消せないが。

立ち連射型の神器は軽量化を使う高速移動型、気合や壁抜け+死んだふり型、どちらも使わず回避重視型などに分けられるが
このうち死んだふり型は射程が短いためオススメしない。
高速型は忍はもちろんコンパクトやオーラム弓などよりも少し遅いが、それでも充分な速度を持つため優秀な戦法と言えるだろう。
どちらも使わないならば、非常に便利な打ち上げ花火をメインに、
反射板・テレポート・空蝉といった守りの奇跡を多く用意するとよい。

  • 最終更新:2017-02-12 17:39:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード