すれちがい通信

streetpass.jpg

手持ちの神器から「神器のタネ」を作成し、それを他のプレイヤーと「すれちがい通信」で交換することができる。
他人から貰ったタネは、そのままでは神器として用いることができないが、
「融合」か「還元」をすることによって、神器にすることができる(どちらもハートを消費する)。

「融合」や「還元」によって入手した神器にはタネマークがつき、すり潰して得られるハートの量が半分になる。
それ以外のデメリットはなく、融合すればマークも消える。
また、「いつの間に通信」でもらったタネを還元した場合はマークはつかない(タネ融合ではつく)。

タネを作る

手持ちの神器からひとつ選んでタネを作成し、それを交換用のタネとして登録する。
神器はタネにしてもなくならないので、気軽にタネにして交換に出すことができる。
もちろん、交換したタネがなくなることも無いので、損をすることは一切ない。

タネに登録される情報は、
  • 神器の性能
  • Miiの名前と顔
  • クリアホンキ度平均
  • "みんなで"の撃破数
  • 神器のタネ交換人数
  • 宝物庫の開封率

神器の価値によって、作られるタネの色が異なる。
価値
100~
150~
200~
250~
300~

どんな神器をタネにするべきか?

要らないタネでもすり潰してハートにできるため、始めたばかりの初心者もタネに引け目を感じる必要はない。
自分のお気に入りの神器でも、初期装備の価値100の最初の撃剣でも何でもいい。
むしろ融合でスキルを抽出するときに重宝されるため、何をタネにするか迷ったら価値100のものがオススメ。

タネ融合

「タネリスト」にあるタネ同士を融合し、一つの神器を生成することができる。「神器の融合」と似た仕組み。
「還元」と同様にハートを消費するが、そのまま還元するよりも安く神器にすることができる。
消費するハートの量は融合によってできる神器の価値で決まり、還元に必要なコストの7/10程度。

タネリスト

交換したタネは一旦「タネ袋」に溜まり、タネ袋を選択すると「タネリスト」に入る。
タネ袋には50個までタネが入るが、満タンになるとそれ以上タネを受け取ることができなくなるので、定期的に取り出しておこう。
タネリストでは、取り出したタネの情報を見たり、タネを還元したり、そのままハートにすることもできる。
99個まで保存できる(タネ袋と合わせると149個)が、
タネ袋から取り出したタネがタネリストに入りきらなかった場合、ハートにもならずに消滅してしまうので注意。

ハートを消費して、タネを元の神器に「還元」することができる。「神器をさずかる」と似た仕組み。
消費するハートの量は神器の価値によって決まる。必要なコストはさずかる時と同じ。
不要なタネはすり潰してハートにすることもできる。
得られるハートの量は、還元に必要なコストの3/50以下と、かなり微量。

  • 最終更新:2013-02-19 14:27:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード